2019年06月28日

YMO写真集『40ymo 1979-2019』が8月26日発売予定- 三浦憲治撮影

YMO写真集『40ymo 1979-2019』が8月26日発売予定。
三浦憲治撮影。

出版社の書籍案内
https://www.kadokawa.co.jp/product/321811001054/
1979年ロスから始まった三浦憲治とymoの40年。その軌跡がここに。
Yellow Magic Orchestraを撮り続けて40年――。巨匠・三浦憲治、ymo写真集の発売が決定。

見た事のあるymo、見た事のないymoが満載。1979年ロスから始まった、巨匠・三浦憲治とymoの40年。スタジオ、ライブ、ソロ、オフショットなど、多彩かつ大量の記録からセレクトした写真の数々。初公開カットも満載。ymo結成40周年記念にあわせたファン必携の一冊。



83年に初めて芸能人の本を購入したのが、YMOの写真集『OMIYAGE』と『YMO BOOK』。どちらが先だったか、記憶が定かではない。『OMIYAGE』を池袋西武の書店で、『YMO BOOK』が地元の本屋で買ったような気がする。その後の『SEALED』も購入。この三冊は繰り返し読んだり見たりしたので、かなりボロボロ。しかし、YMIO再生時出版した本は買い忘れた。出版社の書籍案内の目次を見ると、『ワールドハピネス』やYMO『健康音楽』トークショーなど、その場にいた写真も多数掲載予定。結成40周年記念に出版に感謝。
タイトルの読み方は「ヨンジュウ ワイエムオー」でいいのかな。もしかしたら「フォティ ワイエムオー」や「シジュウ ワイエムオー」とか思考が錯綜。もし関係者の方が、このブログをお読みになったら、公式で読み方を教えて頂けると有難い。と、ネットの片隅に記録。


ネット通販では、限定カセットインデックス 付きを予約中。

・タワーレコード
https://tower.jp/item/4916611/40ymo-1979-2019
・amzon
https://www.amazon.co.jp/dp/B07SG7Q2Z8
・HMV
https://www.hmv.co.jp/product/detail/9925901
・ディスクユニオン
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1007924463


【Amazon.co.jp 限定】40ymo 1979-2019 ymoカセットインデックス Amazon.co.jp 限定絵柄4種セット 封入
【Amazon.co.jp 限定】40ymo 1979-2019 ymoカセットインデックス Amazon.co.jp 限定絵柄4種セット 封入
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:30 | Comment(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

2019年1月、2月と3月に読んだ本です。

2019年1月に記載忘れと、2月と3月に読んだ本です。
読んだ本は、どれも良くてお勧めです。秋に新潮文庫から4冊で発売が決まった「十二国記」の続編。出版前にシリーズ全巻再読したい。

・ののはな通信 三浦しをん
読み出したら、先が気になり1日で読了。女子校時代のクラスメイトとの往復書簡、時代ともにメールに変わる女の深い絆の物語。ネタバレなしで読みたかったので、しをんさんの本書に関するインタビューは読み終わってから読んだ。

・一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書) 樹木希林
樹木希林さんの若い頃のドラマは見てなくて、フジカラーやピップエレキバンのCMの印象が強かった。晩年のインタビューから抜粋した言葉は、筋がぴしっと通っていて気持ちがいい。『万引き家族』の老婆役も印象深かった。何度も読み返す本になるだろう。家族写真が素敵。義理の息子は『おくりびと』の演じた本木雅弘さん。合掌。

・もものかんづめ (集英社文庫) さくらももこ
どの著書で読んだか覚えていないが、漫画家デビューエピソードは洞察力がずば抜けていいこと、それを生かしたのが『ちびまる子ちゃん』。ベストセラーエッセイの本書でも、その才能を発揮。クスクスと笑いながら面白く読んだ。あまりに早く天国に行ってしまったさくらももこさんに合掌。

・東の海神 西の滄海 十二国記 (講談社文庫) 小野不由美
アニメの再放送を見ながら、原作を読んだのが2005年1月。あれから14年が経ち、国や平和、治世などに考えることが増えた。民を思う王、長がいるから平和な国。以下引用。「誰も飢えないですむ豊かな国。凍えることも夜露に濡れることはない家、民の誰も安穏として、飢える心配もない、安らかに土地がほしい。ー 俺はがずっとそれがほしかった。親が子どもを捨てたりしないでも生きていける豊かな国…」。

・ひと 小野寺史宜
本屋大賞候補。20歳で両親を亡くした聖輔。最初は辛い感じがしたが、だんだん東京での生活を応援していた。都電荒川線沿線で育ったので、都内在住でも乗ったことない人が多いローカル線の登場は嬉しい。現在は、さくらトラムと馴染めない名前がついている。優しさを忘れちゃいけないし、前向きに生きていこうと思えて予想外によかった。



ののはな通信
ののはな通信


一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)
一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)

もものかんづめ (集英社文庫)
もものかんづめ (集英社文庫)


東の海神(わだつみ)  西の滄海 十二国記 3 (新潮文庫)
東の海神(わだつみ) 西の滄海 十二国記 3 (新潮文庫)

ひと
ひと
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 12:40 | Comment(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

健康にために、痛くなくて歩きやすい靴を探す − 「kutoo」って知ってますか?

久しぶりの更新。
ブログでも度々書いている靴について。甲が薄くて幅が狭いので、高校生ぐらいから靴の選択肢がなかった。五、六年前から足のサイズがあう靴が見つからず、3年前からブログに記録。

・【追記と修正版】足が甲薄幅狭の悩みと、健康と運動について (2018年12月05日)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/463071806.html

・靴と足と健康について (2017年05月19日)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/450024865.html

・足が幅狭甲薄のため皮膚科通い、足にフィットする靴が欲しい (2016年10月19日)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/442940219.html

・サイズがあわない悩み 靴編 (2016年08月20日)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/441196718.html

昨年、細い幅の靴を取り扱っている靴店が見つけて、数足購入して一番履いているのはB幅のスニーカー。足の長さは、その靴店に行くまで22センチだと思っていたが、計測の結果は23センチ。何人ものシューフィッターさんが、機械や定規で測っても22センチと言われていたので驚いた。足幅が極端に細いので、通常幅でも入ってしまい、足の指は滑らないように踏ん張り曲がっていた。足に合った靴を履いて一年。曲がっていた指が真っ直ぐになり、指が長いことを実感。手の指も長いと自覚があったのが、やはり手の平が小さいので、細くて小さな手を言われることは数知れず。手は指の太さや長さを、家族や友人と比較することはあるが、足は大きさぐらいはあったが、指の長さはなかった。革靴だと足幅がA未満なので、一般的でもないが、靴を履かないわけには行かないし、外出すれば、坂道を登り下り、地下鉄の乗り換えでは地下通路の階段を使って移動。電車で必ず座れるわけではないので、30分立っていることもある。身体を支えているのは、足なので靴を選び時は機能性重視になってきた。勿論、疲れない靴と言われても足のサイズに合わなければ、意味がない。
そして、ネットから発信された「#kutoo運動]。発端は、以下の署名から。

・#KuToo 職場でのヒール・パンプスの強制をなくしたい!
https://www.change.org/p/%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%9C%81-kutoo-%E8%81%B7%E5%A0%B4%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%BC%B7%E5%88%B6%E3%82%92%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84

ネットニュースやテレビや新聞でも取り上げらるようになった。

・#KuTooに見る日本社会での女性の「生きにくさ」
https://globe.asahi.com/article/12452690

・接客靴、企業の規定は パンプス義務、ヒール高さ・幅指定も #KuToo(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/DA3S14056568.html

・水ぶくれの足で営業1万歩 ヒール規定、各社に直撃取材 (朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASM6D53FCM6DULFA01T.html

・「健康被害を覚悟で履くもの」 パンプス問題 経験者ら院内集会で証言 (毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20190611/k00/00m/040/244000c

・パンプス強制、悩む企業  「#KuToo」広がる中、ヒール規定維持 スニーカー容認も (東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201906/CK2019061502000273.html

・「パンプスの強制やめて!」女性たちが声上げた 「#KuToo」運動で現状は変わるのか
https://www.j-cast.com/tv/2019/06/24360761.html?p=all


学生時代に、デパ地下で販売の仕事を2週間だけしたことがある。黒の革靴と指定されたので、ローヒールで初めての立ち仕事。この頃から、足に靴が合っていないので、足全体が痛くなっていた。帰りの電車で吊革にしな垂れていたら、50代のサラリーマンから「君、具合悪いだろ。座りなさい」と席を譲れらた。立ち仕事で疲れていると言えず、有り難く座った。その時、就職は立ち仕事でない、内勤にしようと決意した。就職、転職、移籍の職歴で、制服のある職場では、靴はバックル付きのサンダルで履き換えて、事務の仕事をしていた。通勤にはパンプスを履いていたが、休みの日の外出は、ローヒールやスニーカーが多かった。
この数年、外出した時に女性の靴を観察。大雨が降った日は、レインシューズを履いてる方が少しずつ増えている。シニア世代はスニーカーやマジックテープで甲を支えるタイプなどコンフォートシューズなどローヒールが殆ど。20代以上の女性は、ローヒールやレースアップシューズ、スニーカーが多く、就職活動中の女子大生は黒のパンプス。エレガントな洋服を売っているお店の販売員さんはパンプスが多い。全体的に、歩きやすい靴を選び傾向が強くなっている。性別、年齢に関係なく、足の長さや幅、踵の大きさ、指の長さや特性などを反映してサイズ展開が豊富で歩きやすい靴を製造、販売のきっかけに「Kutoo運動」はなればいいなと思う。靴はファッションではなく、機能が最優先されるものだと考えている。
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 17:32 | Comment(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

U-zhaan & Ryuichi Sakamoto feat.環ROYx鎮座DOPENESS『エナジー風呂』を配信、MVを公開 -坂本龍一の大ヒット『エナジーフロー』をリアレンジ



U-zhaan & Ryuichi Sakamoto feat.環ROYx鎮座DOPENESS『エナジー風呂』を配信、MVを公開。
『エナジーフロー』が発表した時は、療養中でCMに反応するけど、ピアノ曲なら他にもっと曲が沢山あるのに、全然癒されないと思った。あの時は「癒し系」と言われるのが嫌だった。今回の『エナジー風呂』は、程よい脱欲でとてもいい。


配信先
https://avex.lnk.to/energy_furo

U-zhaan&坂本龍一、環ROYと鎮座が参加した“エナジー風呂”配信 PVも
U-zhaan & Ryuichi Sakamoto feat.環ROYx鎮座DOPENESSによる楽曲“エナジー風呂”が、本日4月26日に配信リリースされた。

坂本龍一が1999年にリリースした楽曲“energy flow”に新たなアレンジを施した“energy flow - rework”を昨年に発表したU-zhaanと坂本龍一。“エナジー風呂”は“energy flow - rework”に環ROYと鎮座DOPENESSのラップを加えた新バージョンで、ミックスとマスタリングをオノセイゲン(サイデラパラディソ)が担当した。U-zhaanはかねてより“energy flow - rework”にラップを乗せる構想を持っていたとのこと。




★ ★ クリックして頂けると更新の励みになります ★ ★

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


web拍手 by FC2
posted by 美結 at 12:22 | Comment(0) | 音楽・坂本龍一 | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

2019年1月に読んだ本

2019年1月に読んだ本です。
新年早々、右手の指を包丁で切り縫合。家事はできないので本を読んでました。
『珠玉』『女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび』『みかづき』がよかった。そして、多くの人に読んでほしいのは『82年生まれ、キム・ジヨン』。

■アズミ・ハルコは行方不明 山内マリコ
地方特有のコミュニティ文化があるらしい。軽いノリで読みやすいが、ラストシーンがわからない。映画を観たほうが理解できるのかしら。

■珠玉 彩瀬まる
亡き祖母は元アイドルスターで、デザイナーの歩は祖母と容姿が似てなくて色々なことを迷っていた。彼女を見守るキシとかりんが可愛いらしかった。思わず感涙。歩のデザインした洋服を着たくなった。本物と偽物、真実と偽りが交錯しながら、自分らしさを後押してくれる作品でよかった。

■ここは退屈迎えに来て 山内マリコ
デビュー作。東京生まれの東京育ちなので、地方に住む若者の東京への憧れは、本や体験で知るしかない。東京在住だからといって全てが光輝いた人生を歩んでるわけではない。それはあくまで東京への幻想。登場する女の子のそれぞれ心情はリアリティがあって、青春小説ではなく群像劇で面白かった。みんなの憧れの椎名くんのような存在は同窓生に数人いた。

■女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび 古内一絵
マカン・マランシリーズ第二弾。お店には、派遣社員の女性、人生を模索する漫画家、猪突猛進の息子がいる主婦、シャールさんの旧友が訪れる。温かい食事が心を解きほぐす。読書中に指を怪我して料理をお休みしていて、マカン・マランが近くにはあったらいいなあと思った。次作も是非読みたい。

■部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術 松尾たいこ
料理は苦手なので、ダンナさまの評論家でジャーナリストの佐々木俊尚さんに一任と、無理をしない姿勢が一貫している。物を処分したきっかけは3.11での引越し。もやもやしないために、頑張らずに心地よい生活を心がける。スッキリした部屋が紹介していて、イラストレーターらしくカラフルな色の洋服のクローゼットが素敵だった。多数の洋服を処分する前の姿も見てみたかった。

■クローゼット 千早茜
『小説新潮』の連載「硝子のコルセット」を改題。纏子(まきこ)が変換できずに調べたら、「纏う (まとう)」や「纏足」で、この本のサブテーマであり、職業を指す名前だった。最初、男で服飾に興味を持つ芳が主人公だと思っていたら、途中で書き手が変わり、一瞬戸惑った。洋服の変遷や性別によって洋服の在り方などの着眼点が良かっただけに、人物についてもっと書き込んで欲しかった。洋服の博物館は来館したみたい。あのコレクションが所蔵しているのかしら。

■82年生まれ、キム・ジヨン  チョ・ナムジュ
韓国で100万部のベストセラー。女性へ偏見や差別は、半世紀生きて子どもがいなくても、幾つかは思い当たることがある。医学部の入試で女性が不利だったニュースが記憶に新しい現在、日本のことのように思える。多くの人に読んで欲しい一冊。

■よるのふくらみ (新潮文庫) 窪美澄
読んでいてヒリヒリする。欲望と理性の凌ぎ合い。人間らしいといえば人間らしい。

■みかづき 森絵都
昭和から平成にかけて、教育に携わった親子三代の物語。NHKでドラマが放送中で、第1回目放送前から読み出して、2回目放送前に読了。もう少し教育指導変遷についての記述が欲しかった。この数年、近所には塾が増えて、個別指導、学習室無料開放など時代の流れを感じていた。千明、吾郎とその子や孫が目指す教育の形。終盤は涙を拭いながら読んだ。今の子どもたちは週休2日で授業時間が減っても、パソコンや歴史、科学の発見など学ぶことが増えている。教育現場は学校も塾も大変な時代と思った。東京都の「ゆとり教育」のモデル地区やモデル校に在校していたようで、小学校高学年の時に「ゆとりの時間」で好きなことをしたり、80年代、中学校では芸術科目を少人数で実施。家庭科を選択したら、ろうけつ染めを実習。家庭科の教諭は「このぐらいの人数で教えたいが沢山ある」と話していた。義務教育を受けていた頃は「ゆとり教育」は、視野を広げることと教わった。小学校、中学校在校時には、千明や吾郎と同世代の教諭が強弁を取っていた。小学校で夏休みに宿題がなかった。唯一、自由研究を提出のみ。校長先生が戦中、戦後を経験したから学校以外にも学ぶことがあると思っていたかしら。

アズミ・ハルコは行方不明 (幻冬舎文庫)
アズミ・ハルコは行方不明 (幻冬舎文庫)

珠玉
珠玉

ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)
ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)

女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび
女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび

部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術
部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術

クローゼット
クローゼット

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)
82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

よるのふくらみ (新潮文庫)
よるのふくらみ (新潮文庫)

みかづき (集英社文庫)
みかづき (集英社文庫)


★ ★ クリックして頂けると更新の励みになります ★ ★

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 16:10 | Comment(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする