2017年11月16日

【11/16更新】坂本龍一の2017年11月以降の活動予定

坂本龍一の2017年11月以降の音楽活動やメディア登場、イベント情報などです。
順次更新予定。
NEW♪が更新情報。

■11月1日(水)発売『婦人画報 2017年12月号』
坂本龍一の連載「耳の記憶」が掲載
https://www.amazon.co.jp/dp/B076BJVQ5D
https://www.hearst.co.jp/brands/fujingaho

■11月1日(水)開催『第4回“SAMURAI(サムライ)”賞授賞記念 坂本龍一スペシャルトークイベント〜映像と音の関係〜』
http://natalie.mu/eiga/news/249744
http://2017.tiff-jp.net/news/ja/?p=43694

■11月1日(水)「東京国際映画祭」にて、特別招待作品『Ryuichi Sakamoto:CODA』を上映 
登壇ゲスト予定:坂本龍一、スティーブン・ノムラ・シブル
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN7
http://2017.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=101

■「ドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』 書籍『龍一語彙』発売、公開記念 坂本龍一フェア」開催 
会期:11月1日(水)から11月15日(水)
場所:蔦屋書店2号館
http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/10/ryuichi-sakamoto-coda.html

■11月3日(祝・金)『Ryuichi Sakamoto: CODA』と『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』プレミア上映 
出演:坂本龍一
場所: 角川シネマ有楽町、GARDEN CINEMA、大阪ステーションシティシネマほか
http://liveviewing.jp/contents/sakamotoasync/
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1779585
http://natalie.mu/music/news/251223

■11月4日(土)上映『Ryuichi Sakamoto:CODA』
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
出演:坂本龍一
http://ryuichisakamoto-coda.com/
https://twitter.com/skmt_coda
https://www.facebook.com/ryuichisakamoto.coda/

■11月4日(土)発売 坂本龍一『龍一語彙 二〇一一年 ― 二〇一七年』
坂本龍一言葉辞典、坂本龍一版「現代用語の基礎知識」から世界をみる
https://www.amazon.co.jp/dp/4041062144
https://www.facebook.com/commmons.official/posts/1681797968559383

■11月5日(日)24時から放送 J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』
ナビゲーター:坂本龍一
http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto
https://twitter.com/radiosakamoto
http://radiko.jp/

■11月9日(木)発売『週刊文春 2017年11月16日号』NEW♪
坂本龍一「未知なる音を求め続けて」が掲載
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/8843
https://www.amazon.co.jp/dp/B076W9ZC4C

■11月13日(月)発売『AERA 2017年11月20日増大号』NEW♪
坂本龍一が表紙でインタビュー掲載
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=19510
https://www.amazon.co.jp/dp/B075TY9ZXC

■11月14日(火)放送 WOWOWプライム『怒り』
監督:李相日
音楽:坂本龍一
11/25にリピート放送
http://www.wowow.co.jp/detail/110669/-/01

■11月17日(金)午後8時45分から再放送予定 WOWOWプライム『ノンフィクションW 坂本龍一の700日 〜MUSIC, ART & LIFE』
http://www.wowow.co.jp/detail/105132/-/01

■11月18日(土)放送予定 WOWOWプライム『レヴェナント:蘇えりし者』
11/29にリピート放送
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
音楽:坂本龍一、カーステン・ニコライ
http://www.wowow.co.jp/detail/109309/-/01

■11月29日(水)放送 WOWOWプライム『スネーク・アイズ』
監督:ブライアン・デ・パルマ
音楽:坂本龍一
http://www.wowow.co.jp/detail/014025/-/06

■「午前十時の映画祭」で『戦場のメリークリスマス』上映予定
GROUP A:12月2日(土)から12月15日(金)
GROUP B:12月16日(土)から12月29日(金)
監督:大島渚
音楽:坂本龍一
出演:デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし
http://asa10.eiga.com/2017/cinema/713.html

■12月9日(土)から開催予定『企画展 坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 IS YOUR TIME 』
期間:2017年12月9日(土)から2018年3月11日(日)
場所:ICC ギャラリーA
http://www.ntticc.or.jp/ja/press/2017/press-sakamoto-ryuichi-with-takatani-shiro-installation-music-2-is-your-time/

■12月9日(土)『アーティスト・トーク』
出演:坂本龍一、高谷史郎
会場:ICC 4階 特設会場
http://www.ntticc.or.jp/ja/press/2017/press-sakamoto-ryuichi-with-takatani-shiro-installation-music-2-is-your-time/

■12月13日(水)開催予定『Glenn Gould Gathering』
キュレーター:坂本龍一
場所:草月会館、草月ホールなど
https://www.gggathering.com/
□ライブ 12/15(金)〜12/17(日)
場所:草月ホール
出演:アルヴァ・ノト、クリスチャン・フェネス、フランチェスコ・トリスターノ、坂本龍一

□トークセッション 12/15(金)〜12/17(日) NEW♪
場所:草月会館2階談話室
ゲスト:
12/15(金)宮澤淳一
12/16(土)國崎晋、山口一郎、坂本龍一
12/17(日)浅田彰、宮澤淳一

□エキジビション 12/13(水)〜12/17(日)
場所:草月プラザ
出演: Loscil(12/15–12/17のみ出演)
サウンド・インスタレーション: 坂本龍一

■12月13日(水)発売予定 坂本龍一『ASYNC - REMODELS』
坂本龍一『async』のリミックス盤、日本向けボーナストラックはライブパフォーマンスに定評のある3ピースバンド、空間現代による「ZURE(ズレ)」
http://shop.mu-mo.net/avx/sv/item1?jsiteid=CMM&seq_exhibit_id=209758&categ_id=572301

■12月19日(火)「more trees10周年記念企画」開催
□第1部:more treesシンポジウム「都市と森をつなぐ」
参加者:坂本龍一、隈研吾、水谷伸吉
場所:TRUNK
□第2部:more trees 10th Anniversary Party
参加者:坂本龍一ほか
場所:TRUNK
https://www.more-trees.org/news/10th-anniversary/

■2018年1月7日(日)24時から放送予定 J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』
ナビゲーター:坂本龍一
http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto
https://twitter.com/radiosakamoto
http://radiko.jp/

■2018年1月27日(土)上映予定『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
出演:坂本龍一
http://liveviewing.jp/contents/sakamotoasync/

■2018年2月24日(土)、25日(日)に上演予定『高谷史郎(ダムタイプ) 「ST/LL」』NEW♪
会場:新国立劇場
総合ディレクション:高谷史郎
音楽:坂本龍一、原摩利彦、南琢也
出演:鶴田真由、薮内美佐子、平井優子、オリヴィエ・バルザリーニ
http://www.nntt.jac.go.jp/dance/performance/33_009655.html


◆関連記事
【11/3更新】坂本龍一の2017年10月以降の活動予定
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/454065357.html


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:10 | Comment(0) | 音楽・坂本龍一 | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

2016年の大ヒット映画『君の名を。』を録画で観た

君の名は。 -
君の名は。 -

『君の名。』を録画で観た。あまり期待しなかったら予想外によかった。2016年の大ヒット映画で、若者たちは一度で理解できないや、確認したいことがあるなどでリピート続発。昨年は『君の名を。』以外にも、記録更新や話題作など映画の当り年。『シン・ゴジラ』は今晩地上波発放送で、『この世界の片隅に』は今日、11月12日が公開から丸一年。それぞれの感想はブログに記録。内容に触れているので、事前情報なしで観たい方は気をつけてね。

・『シン・ゴジラ』を鑑賞 その1 (その2は書いていない)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/440852422.html

・『この世界の片隅に』を鑑賞 - 多くの人に観て欲しい
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/444915429.html#more


さて『君の名を。』を内容に触れながら、感想を記録しよう。ネタばれなしで観たい方はここまで。記事は続きます。
タグ:映画 邦画
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 16:24 | Comment(0) | 映画・邦画 | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

【11/3更新】坂本龍一の2017年10月以降の活動予定

坂本龍一の2017年10月以降の音楽活動やメディア登場、イベント情報などです。
順次更新予定。
NEW♪が更新情報。

■8月4日(金)上映 『STAR SAND ─星砂物語─』
原作・監督・脚本:ロジャー・パルバース
主題曲:坂本龍一
出演:織田梨沙、満島真之介、ブランドン・マクレランド、三浦貴大、吉岡里帆、寺島しのぶ、渡辺真起子、石橋蓮司、緑魔子
フォーラム仙台で上映、10/28から第七藝術劇場で上映予定
http://www.star-sand.com/
https://twitter.com/StarSand_movie
https://www.facebook.com/TheStarSandTeam/
https://twitter.com/StarSand_movie/status/901610310892527616

■8月26日(土)上映 『米軍が最も恐れた男その名は、カメジロー』 
監督:佐古忠彦
語り:山根基世、大杉漣
テーマ音楽:坂本龍一
http://www.kamejiro.ayapro.ne.jp/

■10月1日(日)放送 WOWOWプライム『怒り』
監督:李相日
音楽:坂本龍一
10/11、11/14にリピート放送
http://www.wowow.co.jp/detail/110669/-/01

■10月11日(水)放送 WOWOWプライム『スネーク・アイズ』
11/29にリピート放送
監督:ブライアン・デ・パルマ
音楽:坂本龍一
http://www.wowow.co.jp/detail/014025/-/06

■10月24日(火)発売『GQ JAPAN 2017年12月号』NEW♪
「Ryuichi Sakamoto 坂本龍一が「TIME」に込めた思い」が掲載
https://www.amazon.co.jp/dp/B072L23BL3

■10月24日(火)発売『週刊朝日 2017年 11/3 号』NEW♪
坂本龍一スペシャルインタビュー掲載
https://www.amazon.co.jp/dp/B07628L4SX

■11月1日(水)発売『婦人画報 2017年12月号』NEW♪
坂本龍一の連載「耳の記憶」が掲載
https://www.amazon.co.jp/dp/B076BJVQ5D
https://www.hearst.co.jp/brands/fujingaho

■11月1日(水)開催『第4回“SAMURAI(サムライ)”賞授賞記念 坂本龍一スペシャルトークイベント〜映像と音の関係〜』
http://natalie.mu/eiga/news/249744
http://2017.tiff-jp.net/news/ja/?p=43694

■11月1日(水)「東京国際映画祭」にて、特別招待作品『Ryuichi Sakamoto:CODA』を上映 
登壇ゲスト予定:坂本龍一、スティーブン・ノムラ・シブル。
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN7
http://2017.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=101

■「ドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』 書籍『龍一語彙』発売、公開記念 坂本龍一フェア」開催 NEW♪
会期:11月1日(水)から11月15日(水)
場所:蔦屋書店2号館
http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/10/ryuichi-sakamoto-coda.html

■11月3日(祝・金)『Ryuichi Sakamoto: CODA』と『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』プレミア上映 
出演:坂本龍一
場所: 角川シネマ有楽町、GARDEN CINEMA、大阪ステーションシティシネマほか
http://liveviewing.jp/contents/sakamotoasync/
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1779585
http://natalie.mu/music/news/251223

■11月4日(土)上映『Ryuichi Sakamoto:CODA』
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
出演:坂本龍一
http://ryuichisakamoto-coda.com/
https://twitter.com/skmt_coda
https://www.facebook.com/ryuichisakamoto.coda/

■11月4日(土)発売 坂本龍一『龍一語彙 二〇一一年 ― 二〇一七年』
坂本龍一言葉辞典、坂本龍一版「現代用語の基礎知識」から世界をみる
https://www.amazon.co.jp/dp/4041062144
https://www.facebook.com/commmons.official/posts/1681797968559383

■11月5日(日)24時から放送 J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』
ナビゲーター:坂本龍一
http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto
https://twitter.com/radiosakamoto
http://radiko.jp/

■11月17日(金)午後8時45分から再放送予定 WOWOWプライム『ノンフィクションW 坂本龍一の700日 〜MUSIC, ART & LIFE』
http://www.wowow.co.jp/detail/105132/-/01

■11月18日(土)放送予定 WOWOWプライム『レヴェナント:蘇えりし者』
11/29にリピート放送
監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
音楽:坂本龍一、カーステン・ニコライ
http://www.wowow.co.jp/detail/109309/-/01

■「午前十時の映画祭」で『戦場のメリークリスマス』上映予定
GROUP A:12月2日(土)から12月15日(金)
GROUP B:12月16日(土)から12月29日(金)
監督:大島渚
音楽:坂本龍一
出演:デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし
http://asa10.eiga.com/2017/cinema/713.html

■12月9日(土)から開催予定『企画展 坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 IS YOUR TIME 』NEW♪
期間:2017年12月9日(土)から2018年3月11日(日)
場所:ICC ギャラリーA
http://www.ntticc.or.jp/ja/press/2017/press-sakamoto-ryuichi-with-takatani-shiro-installation-music-2-is-your-time/

■12月9日(土)『アーティスト・トーク』NEW♪
出演:坂本龍一、高谷史郎
会場:ICC 4階 特設会場
http://www.ntticc.or.jp/ja/press/2017/press-sakamoto-ryuichi-with-takatani-shiro-installation-music-2-is-your-time/

■12月13日(水)開催予定『Glenn Gould Gathering』
キュレーター:坂本龍一
場所:草月会館、草月ホールなど
https://www.gggathering.com/
□ライブ 12/15(金)〜12/17(日)
場所:草月ホール
出演:アルヴァ・ノト、クリスチャン・フェネス、フランチェスコ・トリスターノ、坂本龍一

□トークセッション 12/15(金)〜12/17(日)
場所:草月会館2階談話室
ゲスト:
12/15(金)宮澤淳一
12/16(土)國崎晋、坂本龍一
12/17(日)浅田彰、宮澤淳一

□エキジビション 12/13(水)〜12/17(日)
場所:草月プラザ
出演: Loscil(12/15–12/17のみ出演)
サウンド・インスタレーション: 坂本龍一

■12月19日(火)「more trees10周年記念企画」開催 NEW♪
□第1部:more treesシンポジウム「都市と森をつなぐ」
参加者:坂本龍一、隈研吾、水谷伸吉
場所:TRUNK
□第2部:more trees 10th Anniversary Party
参加者:坂本龍一ほか
場所:TRUNK
https://www.more-trees.org/news/10th-anniversary/

■2018年1月27日上映予定『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』NEW♪
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
出演:坂本龍一
http://liveviewing.jp/contents/sakamotoasync/


◆関連記事
【10/3更新】坂本龍一の2017年9月以降の活動予定
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/453294304.html


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 18:14 | Comment(0) | 音楽・坂本龍一 | 更新情報をチェックする

「ブルガリ アウローラ アワード」の毛利悠子さんと坂本龍一さんのスペシャル対談ムービー

「ブルガリ アウローラ アワード」の毛利悠子さんと坂本龍一さんのスペシャル対談ムービー
https://www.vogue.co.jp/feature/bvlgari/170308/aandr9.html#movie

毛利さんのブルガリのジュエリーが深紅のドレスにぴったり。
おふたりは対談の中で女性性についての意見に納得。
最近、「女性らしい」「女子力」などに疑問をもつこともある。ただ、染色体は女性で、女性ホルモンバランスで体調が不安定も経験しているけど、対談は深いところをついている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 16:42 | Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

坂本龍一ドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』オフィシャルインタビューがアップ

坂本龍一ドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』オフィシャルインタビューがアップ。
11月1日(水)に「東京国際映画祭」で、日本での最初の一般上映で鑑賞。このインタビューは観る前にざっと目を通しただけ。それは先入観なしで観たかったから。独自の判断で内容に触れていない箇所を引用。
感想や舞台挨拶は別の記事でアップ予定。
今はじっくりインタビューを読み、前売り券で二度目の観賞は都内か県内上映か思案中。

・坂本龍一ドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』オフィシャルインタビュー到着
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/56972/2
一部抜粋
ーー予定調和的なものに対して、強い嫌悪感を持っている?

「そう。フィクションでもそういものは大嫌いです。ノンフィクションの体裁をとっているものに関してはなおさらです。だから、せめて自分が出るものに関しては、そういうものになってほしくないという思いは強くあります。だから、テレビか映画の違いというのは、そのあとの話ですね」

ーーただ、近年になって音楽家を題材としたドキュメンタリー映画が増えてきていますよね。映画になるということは「作品として残る」ということだと思うのですが、その「残る」、あるいは「残す」というについては特に意識されることはなかったですか?

「結局のところ、問われるのは作品の質なんです。出ている人間がどんなに有名であっても、作品の質が伴わなければ忘れ去られるだけですよ。確かに音楽家を扱った映画は、ライブのシーンを収録した作品なども含めて増えています。でも、僕は他人のライブの映像を見るのが嫌いなんです。映像に限らず、CDなどでもライブ盤というもの全般に対して全然面白いと思えない。ただ、中には、昔の映画ですがジョナサン・デミが撮ったトーキング・ヘッズの『ストップ・メイキング・センス』のような、ライブのシーンを収めていながらも、映画として素晴らしい作品もあって。そういう、何十年経っても色褪せない作品の域に今回の作品が達しているかどうかはわかりませんけれど、出ているのが誰で、そこで何を語っているかではなく、純粋に映画としていいものであるかどうかというのが大切なんだと思います」




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 12:46 | Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする