2013年10月06日

角田光代『かなたの子』がドラマ化

角田光代『かなたの子』がドラマ化。
『かなたの子』は泉鏡花賞受賞。

角田光代「かなたの子」坂井真紀主演でドラマ化!
http://www.cinematoday.jp/page/N0056800
直木賞作家・角田光代の短編小説集「かなたの子」が、女優・坂井真紀主演でドラマ化されることが明らかになった。共演は井浦新、宮崎将、満島ひかり、永瀬正敏、藤村志保ら。WOWOWで12月より放送される。
連続ドラマW「かなたの子」は、過去に「闇」を抱えた人たちが前向きに生きようとする姿を繊細に描き、希望の光が差し込む瞬間をとらえたヒューマン・ドラマ。取り返しのつかない過去を抱き、一泊二日の富士登山ツアーで救いを求めるかのように頂上を目指す参加者たちの人間模様を描写する
連続ドラマW「かなたの子」は12月1日よりWOWOWで放送(全4話、第1話無料放送、毎週日曜夜10時〜)


この本はかなり好き嫌いが分かれると思う。
心の闇を描き、気分が落ちていると時は流されてしまう可能性がある。
わたしはブラックな角田さんの作品が好き。
坂井真紀さん、井浦新さん、満島ひかりさん、永瀬正敏さんなど演技に定評がある方々。
録画して見ます。

年明けには『紙の月』のドラマも放送。
こちらは犯罪に手を染めた女が主人公。
主演は原田知世さん。

かなたの子かなたの子
角田 光代

文藝春秋 2011-12
売り上げランキング : 16799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



◆関連記事
角田光代『紙の月』ドラマ化、主演は原田知世。
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/369313953.html

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 10:55 | Comment(2) | TrackBack(1) | テレビ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長編が上手い作家さんだと思っていましたが、短編集も見事でした。
長編で親しんだので、別の意味でも「異界」に映っているような感じでした。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2014年05月20日 14:47
>藍色さん
連作短編集『さがしもの』『Presents』もお薦めです。
どちらもうるっとしそうな物語。
角田さんは毒っぽいものや、向こう側を描いた作品が好きかな。
トラックバックしました。
コメントありがとうございます。
Posted by 美結 at 2014年05月21日 10:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376732554
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「かなたの子」角田光代
Excerpt: 生れるより先に死んでしまった子に名前などつけてはいけない。過去からの声があなたを異界へといざなう八つの物語。日常に形を変えて潜む、過去の恐怖。著者の新境地、泉鏡花賞の傑作短編集。 生まれなかった子が..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2014-05-20 14:35