2017年04月29日

坂本龍一出演『クローズアップ現代+』テキスト版が公開

坂本龍一出演『クローズアップ現代+』テキスト版が公開。
教授の8年ぶりのソロアルバム『async』が発売になり、この一カ月は復習、CDを聴き、インタビュー雑誌やweb記事を読む日々。昨日はワタリウム美術館で開催の『設置音楽展』に行ってきた。どっぷり教授の音楽、その世界に浸っている。この番組を見ていて思ったのは、1999年の『LIFE』のテーマは「共生」。ワタリウム美術館で購入した『RYUICHI SAKAMOTO DOCUMENT no.2』によると、アルバムを叩き台にしてインスタレーションとオペラを制作予定と語っている。『LIFE』はライフワークになるのかな。





◆2017年4月19日(水) 坂本龍一 分断された世界で
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3963/

◆Ryuichi Sakamot async 坂本龍一 設置音楽展
同展では、坂本と長年コラボーレートしてきた高谷史郎が会場構成を担当
会場2階のメインフロアは、新作アルバムを5.1chサラウンドにミックスした音源と高谷による映像から構成
会期:4月4日(火)から5月28日(日)
会場:ワタリウム美術館
http://www.watarium.co.jp/under.html
http://www.watarium.co.jp/exhibition/1704sakamoto/index.html

async
async
  • アーチスト: 坂本龍一
  • 発売元: commmons



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・坂本龍一 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック