2017年05月09日

2017年4月に読んだ本

4月は『月刊カドカワ』に連載だった矢野顕子「月刊アッコちゃん」の文庫を再読。リアルタイムで読み、色んなことを思い出していた。古本でしか購入できないので本の情報はなし。『コロボックル物語1 だれも知らない小さな国』と『このあたりの人たち』はどちらもよかった。

読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1008ページ

■月刊アッコちゃん〈峠のわが家編〉 (角川文庫) 矢野顕子
再読。『月刊カドカワ』で連載の『月刊アッコちゃん』はリアルタイムで読んでいたし、単行本も所有。久しぶりに読んだら再発見があった。ご家族の話も楽しみだった。

■月刊アッコちゃん〈2〉愛をつれて会いに行こう (角川文庫) 矢野顕子
再読。

■愛は海山越えて―月刊アッコちゃん〈3〉 (角川文庫) 矢野顕子
再読。

■コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (講談社文庫) 佐藤さとる 村上勉
有名な児童文学だけど、初めて読んだような気がする。子どもの頃に出会いたかった。続きも是非読みたい。

■このあたりの人たち (Switch library) 川上弘美
川上弘美の『大きな鳥にさらわれないよう』と並行読みしようとしたら混乱。混ぜては危険な読書をしようとしていた。非日常を描いた川上弘美らしい作品だった。




このあたりの人たち (Switch library)
このあたりの人たち (Switch library)
  • 発売元: スイッチパブリッシング



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック