2017年11月12日

2016年の大ヒット映画『君の名を。』を録画で観た

君の名は。 -
君の名は。 -

『君の名。』を録画で観た。あまり期待しなかったら予想外によかった。2016年の大ヒット映画で、若者たちは一度で理解できないや、確認したいことがあるなどでリピート続発。昨年は『君の名を。』以外にも、記録更新や話題作など映画の当り年。『シン・ゴジラ』は今晩地上波発放送で、『この世界の片隅に』は今日、11月12日が公開から丸一年。それぞれの感想はブログに記録。内容に触れているので、事前情報なしで観たい方は気をつけてね。

・『シン・ゴジラ』を鑑賞 その1 (その2は書いていない)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/440852422.html

・『この世界の片隅に』を鑑賞 - 多くの人に観て欲しい
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/444915429.html#more


さて『君の名を。』を内容に触れながら、感想を記録しよう。ネタばれなしで観たい方はここまで。





本当に物語の核心に触れたいるので、気をつけてね。もう少し改行しよう。














引き返すなら、今です。













田舎で暮らす女子高校生と、東京で暮らす男子高校生が入れ替わっているのは、予告で知っていた。田舎暮らしの三葉(みつは)が都会への憧れを叫ぶシーンで、ふたりは同じ時代に生きていないのでは思い、三葉と瀧のカレンダーや時間がわかるシーンを見直す。女子高生の三葉は2013年、男子高校生の瀧は2016年に生きている。ふたりは同級生やバイト先での会話からお互いが入れ替わっていること知り、iPhoneで交換日記。3年ずれていたら、OSが違って気付かないのかなという疑問やカレンダーが違うけど、体験したことは夢のような感じで鮮明ではないので、日記で事実関係を確認していることから、まっいいか。三葉と入れ替わった瀧が、祖母の一葉(いちは)と、ご神体にお神酒を持っていくシーンで「むすび」について語りだしたら、わたしの経験の扉が開き、涙が止まらなくなった。彗星が落ちる日に向けて、2013年と2016年のパラレルワールドとタイムトラベルが起きる。SF映画やSF小説の王道的な展開。天災や事故を予知できたら、大切な人には伝えたいと思う。しかし、救いたいと思う時に未来を変えるのは、この映画は良いこととなっている。SF映画では未来への重要なことは変えないのがお約束だけどね。1200年前に彗星が落ちたことと、三葉一族の能力については、脳内補完できることと疑問点の半々。運命があるかといえば、あると思う。縁というのは関わった全ての人。だから三葉と瀧が、周りに助けられながら、災厄を回避できた。若者がリピートしたくなる気持ちはちょっとは理解できるが、落涙は想像してなかった。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
タグ:映画 邦画
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 16:24 | Comment(0) | 映画・邦画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。