2018年02月15日

2018年1月に読んだ本

2018年1月に読んだ本です。
昨年末、照明器具の蛍光灯を交換したので室内が明るくなって、文字が読みやすく読書が進んだ。どれもよかったけど、特によかったのは『東京プリズン』『ラブレス』『森へ行きましょう』。

読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2362ページ

■東京プリズン (河出文庫) 赤坂真理
毎日出版文化賞、司馬遼太郎賞、紫式部文学賞受賞。アメリカに留学したマリが体験する日本の歴史観。鹿の場面が気になって、一度戻ったら物語の中にすんなり入っていけた。後半はダイナミックな展開に背筋がゾクゾク。解説の池澤夏樹さんやいとうせいこうさんが絶賛もうなづける。平成も残り1年4ヶ月、昭和が遠くなっていく。読み終えて、テレビをつけると大ヒット映画『君の名は。』が放送でちょっと不思議な感覚になった。

■日本国憲法 (小学館アーカイヴス)
平成30年のお正月に再読。平成も残り1年4ヶ月。憲法改正の国民投票は、有権者の投票率については明記がない。投票率が3割でも7割でも過半数取れば有効。それでいいのかな。‬

■ラブレス (新潮文庫) 桜木紫乃
島清恋愛文学賞受賞。一気読みし、何度か涙を拭ったが、タイトルがしっくりこない。それでも読了後は少し放心状態になった。戦後に逞しく生きた姉妹を軸に、その家族と出会った人々が描かれている。大正や明治の時代かと思う暮らしぶりに驚いた。時事ニュースや出来事の記述が少ないが、小夜子と理恵は同世代。どん底の生活を経験すると幸せの価値観は変わる。歌が上手くて柳のように嫋む百合江は、脳内キャスティングで松下奈緒になっていた。

■献灯使 多和田葉子
20世紀までは大災害、気候変動、地殻変動、環境汚染、生物の突然変異などの設定は、SFの世界と思った。しかし3.11を経験した現在は未来予想図で、本書はディストピア小説、震災後文学、幻想小説になるであろう。昨年、新しいiPhoneに機種変して、この機械が50年後も継続しているのかなと、人工減少のニュースを反芻しながら表紙のハシビロコウを見つめる。

■クレーの天使 パウル・クレー、谷川俊太郎
ドラマ『anone』に、クレーの天使が登場したので再読。一つ前に読んだ多和田葉子『献灯使』の表紙のハシビロコウもドラマに登場。そして東京オペラシティでの『谷川俊太郎展』が楽しみ。

■新装版 ムーミン谷の彗星 (講談社文庫) トーベ・ヤンソン
子どもの頃に、日曜日に『ムーミン 』のアニメを見るのが楽しみで、放送が終わり落胆した記憶。小学生の頃に、学級文庫で原作の童話を知るが、読むことはなかった。それからかなりの月日が経った2017年末に新装版の文庫を購入。年が明け、センター試験の出題で話題になるとは思わなかった。やっぱりニョロニョロが好き。ムーミンの謎の世界への冒険は村上春樹的。不思議な世界の物語は子どもの頃から好きだったようだ。

■英子の森 (河出文庫) 松田青子
著者のお名前は「まつだせいこ」と読むと思ったら「まつだあおこ」だった。松田聖子に憧れて、読み間違えたら面白いとつけたペンネームとウィキペディアに書いてあった。笑いのツボに嵌ってしまい、外出先でニタニタしたら「森」の中に迷いこんでしまう。短編集がぎゅっと詰まっていて面白かった。

■森へ行きましょう 川上弘美
1966年、丙午生まれの留津とルツの人生。ふたりと生まれ年が同じなので、時事ニュースや流行はそうだったと思うこと度々。ある事で大笑いしたら、その直後にふたりに転機が訪れて面白さが増した。半世紀以上生きていると、違う人生があったのかなと思うことはある。ミネペルホネンの皆川明が装画、題字、挿画を担当。


東京プリズン (河出文庫)
東京プリズン (河出文庫)
  • 発売元: 河出書房新社




ラブレス (新潮文庫)
ラブレス (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社


献灯使
献灯使
  • 発売元: 講談社


クレーの天使
クレーの天使
  • 発売元: 講談社




英子の森 (河出文庫)
英子の森 (河出文庫)
  • 発売元: 河出書房新社


森へ行きましょう
森へ行きましょう
  • 発売元: 日本経済新聞出版社



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:22 | Comment(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。