2018年07月03日

2018年4月に読んだ本

2018年4月に読んだ本です。
面白くかったのは、森下典子のエッセイ『いとしいたべもの 』『こいしいたべもの』。

■猫ばっか (講談社文庫) 佐野洋子
再読。

■いとしいたべもの (文春文庫) 森下典子
美味しそうなイラストも著者が描いて、『前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って』を読んでいると、前世の記憶なのかなと思ってしまう。著者と同じ関東育ちなので、紹介している食べ物もそうそうと頷くことが多くて楽しかった。横浜在住の伯父のお土産は崎陽軒のシウマイで、東京で購入の同商品より美味しかった。感想を書いていても唾液腺を刺激。

■こいしいたべもの (文春文庫) 森下典子
『いとしいたべもの』の続編。読んでいると幸せな気分になってくる。前作を読んでいて、鳩サブレーを思い出していたら本作で紹介。神奈川県の海沿いに住んでいた親戚のお土産の定番は鳩サブレーでご当地お菓子だなと実感。日本橋三越で見つけた時は、思わずばら売りで購入してしまった。立田野も懐かしくて、よく行ったのは池袋西武のレストラン街。

■嘘ばっか 新釈・世界おとぎ話 (講談社文庫) 佐野洋子
気が滅入るようなニュースが続いているので、毒をもって毒を制すな読書。手に取ったのは、毒舌の佐野洋子がお伽話を書き換え。あくまで書き換え、改竄ではありません。シュールで面白く、挿絵もエロくていい。佐野さんがご存命なら、世相を斬るような作品を発表したような気がする。


猫ばっか (講談社文庫)
猫ばっか (講談社文庫)
  • 発売元: 講談社


いとしいたべもの (文春文庫)
いとしいたべもの (文春文庫)
  • 発売元: 文藝春秋


こいしいたべもの (文春文庫)
こいしいたべもの (文春文庫)
  • 発売元: 文藝春秋






★ ★ クリックして頂けると更新の励みになります ★ ★

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 17:36 | Comment(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。