2017年07月25日

グリムスにカタツムリが表示。

0725グリムス2017.jpg

サイドバーに設定している「グリムス」にカタツムリが表示。尚、スマホだと表示されません。グリムスはブログを更新しながらwebで木を育てて、「大人の樹」に成長すると実際に植林される。地球温暖化や気候変動が激しいので、微力ながらネットで応援。昨日、更新した記事に「グリムスキーワード」がマッチしてカタツムリが表示。キーワードはマイパージで確認したけど内緒。福岡や秋田などでは豪雨で河が氾濫。年々、気候が変わってきたのを実感。それは人間の活動が影響なのか、大きなサイクルで地球が変わっているのか、どちらもなのか。大きな災害の備えも必要だなと思う。
過去、記事を検索すると「グリムス」を始めたのは2007年の年末。継続は力なり。

グリムス
http://www.gremz.com/

グリムスの植林活動
http://www.gremz.com/page/activity


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

靴と足と健康について

足が小さくて幅狭甲薄なので、靴のサイズが合わないことが多い。以前、ブログで悩みを吐露。

・サイズがあわない悩み 靴編
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/441196718.html

・足が幅狭甲薄のため皮膚科通い、足にフィットする靴が欲しい
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/442940219.html

足を観察すると、外反母趾、内反母趾、巻き爪、ハンマートゥ、タコなど、靴が合わないために足にできた痕跡多数。傷をキズパワーパットで手当てを繰り返すことが増え、泣きたくなることもしばしば。昨日はドイツの靴を取り扱っている靴店に行った。履いてた靴は、昨年秋に計測して購入したパンプス。爪先が痛くなってきたので合っていないと思っていた。店主は老舗靴店で勤務の経歴がある。靴のデザインはスカートやパンツに合ってローヒールと希望。靴を脱ぎ店主が足の形をみると「随分、苦労されてますね」と出してきたコンフォートシューズをいくつか試し履き。爪先が痛くなく足裏が楽。この靴は中敷がコルクで冷えづらく、歩きやすく、猫背や腰痛が治り、素足で履いても通気性がよく蒸れないらしい。靴底が痛んだら修理可能。サンダルも出しても貰い心惹かれるが次回と思い、オーソドックスな黒を選んだ。「健康のために歩きましょう」と言われるが、足に合った靴がなければ、第一歩も踏み出せないが、長年の悩みの解決に心強い靴店に出会えてよかった。来店した時は凄い雷雨だったが、雨があがり初夏の陽気になっていた。履いていた靴は少し痛いけど、新宿三丁目付近は20年で街並みが随分変わったなと思いながら家路へ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

2016年に読んだ本から選ぶベスト本

ブログの更新は坂本龍一さんの活動に特化していますが、ポジティブな過去の自分に向き合うには、ブログは便利だと思う。そこで2016年に読んだ本のベストを発表。2017年の年明けだったら、再読の『星の王子さま』や『日本国憲法』は外したと思うけど、今の気分は入れたい。

【小説編】
・岸本佐知子編訳『コドモノセカイ』
・篠田節子『ブラックボックス』
・サン=テグジュペリ 池澤夏樹・訳『星の王子さま』
・窪美澄『晴天の迷いクジラ』
・ティムール・ヴェルメッシュ『帰ってきたヒトラー』
・浅井リョウ『何者』
・千早茜『西洋菓子店プティ・フール』
・彩瀬まる『骨を彩る』
・クレア・ノース『ハリー・オーガスト、15回目の人生』
・塩田武士『罪の声』

【ノンフィクション・その他】
・鈴木大介『最貧困女子』
・村上春樹『職業としての小説家』
・鳥居『キリンの子 鳥居歌集』
・岸本佐知子『なんらかの事情』
・『日本国憲法』

コドモノセカイ
コドモノセカイ
  • 発売元: 河出書房新社


ブラックボックス
ブラックボックス
  • 発売元: 朝日新聞出版


星の王子さま (集英社文庫)
星の王子さま (集英社文庫)
  • 発売元: 集英社






何者
何者
  • 発売元: 新潮社


西洋菓子店プティ・フール
西洋菓子店プティ・フール
  • 発売元: 文藝春秋


骨を彩る
骨を彩る
  • 発売元: 幻冬舎




罪の声
罪の声
  • 発売元: 講談社


最貧困女子 (幻冬舎新書)
最貧困女子 (幻冬舎新書)
  • 発売元: 幻冬舎


職業としての小説家 (Switch library)
職業としての小説家 (Switch library)
  • 発売元: スイッチパブリッシング


キリンの子 鳥居歌集
キリンの子 鳥居歌集
  • 発売元: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス


なんらかの事情 (ちくま文庫)
なんらかの事情 (ちくま文庫)
  • 発売元: 筑摩書房




◆関連記事
2015年に読んだ本から選ぶベスト本
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/432384551.html

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

ブクログ「坂本龍一の仕事」更新と継続は力なり。

1月17日はブログの開設日で、明日で12年目。

過去・現在・未来始めます(2005年01月17日)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/108107864.html

始めた当時は坂本龍一さんの話題が多くなると予想していたけど、ブログはネット上の備忘録となっていた。
ファンブログ「ムネシュネ」を開設し、ブクログ「坂本龍一の仕事」も時間がある時に更新。
熱中するとまっしぐらな性格で、地道な作業を続けた結果。
継続は力なりと自画自賛していいですか?
明日は坂本龍一さんの65歳の誕生日。
なにか発表があるかなあと淡い期待を抱いてます。

・ムネモシュネ
http://referencebookskmt.seesaa.net/

・ブクログ「坂本龍一の仕事」
http://booklog.jp/users/skmt78

これからもマイペースで更新の予定。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

酉年 - 坂本龍一さんに関する徒然

あけましておめでとうございます。
ブログを開設したのが2005年1月17日なので、今年で13年目。
あの頃はmixiが全盛期、Twitterやfacebookはまだだった。
長文を書いたり、検索をするのはブログのほうが個人的は使いやすい。
なので、気負いなく更新するので、たまにはアクセスして下さいね。
今年は坂本龍一さんが8年ぶりのニューアルバムが発売なので、とても楽しみ。
年末には公式サイトがリニュアール。
・site sakamoto 
http://www.sitesakamoto.com/

ニューアルバム用と思われるサイトも更新。
・skmtcommmons
http://www.skmtcommmons.com/

「SN/M 比 50%」は「Sound Noise Music」のように思える。
元日のラジオを聴いたら、2ch以外に5.1chサラウンドでのミックスもあって試聴会も予定とのこと。
音楽の概念が変わるアルバムになりそうな予感。
ニューアルバムの情報解禁が気になるので、ファンブログの情報を更新。

【2017年版】坂本龍一氏の最新情報を得る方法 その1
http://referencebookskmt.seesaa.net/article/445459932.html
【2017年版】坂本龍一氏の最新情報を得る方法 その2
http://referencebookskmt.seesaa.net/article/445460509.html


2017年は例年以上に教授の話題が多くなりそう。
本年もよろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

2016年もわずか、坂本龍一さんの活動予定

ブログに記録しておきたいことも多数あるけど、追いつかない。
坂本龍一さんのモンブラン賞受賞や、福島で東北ユースオーケストラとの合同練習。
わたしが発信したいのは、自身のことより教授。
2年前の療養期間は、気持ちがぽっかり空洞になった。
その前に父が他界したことも大きかった。
大阪でチャリティライブを聴き、ライブにも徐々に復帰していること実感。
2017年には8年ぶりのニューアルバムが発売予定。
「自分が聴きたい音楽を作った」
と話しているのが、全貌はまだみえない。
首を長くして待ってます。

備忘録をリンク。

教授が音楽監督を務める東北ユースオーケストラが、大阪でのチャリティライブや合同練習のレポートは以下に。
・12月25日に第四回合同練習会を福島市で行いました。
https://tohoku-youth-orchestra.themedia.jp/posts/1819579
・吉永小百合さん、坂本龍一監督と共演する晴れがましい舞台がありました。
https://tohoku-youth-orchestra.themedia.jp/posts/1809540

◆東北ユースオーケストラ公式サイト
http://tohoku-youth-orchestra.org/

◆東北ユースオーケストラ演奏会 2017
出演:東北ユースオーケストラ、坂本龍一、裄V寿男、吉永小百合、うないぐみ、渡辺真理
□3月25日(土)
会場:東京オペラシティコンサートホール
□2017年3月26日(日)
会場:郡山市民文化センター 大ホール
http://tohoku-youth-orchestra.org/#liveinfo

吉永小百合さんと坂本龍一さんのチャリティコンサート「平和のために〜詩と音楽と花と」で配られたフライヤー。
2017年3月29日は音楽祭りになりそう。

坂本龍一『Year Book 1980 - 1984』が2017年3月29日発売予定。 #坂本龍一


2017年3月29日発売予定の坂本龍一さんのニューアルバムのフライヤー。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2
posted by 美結 at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

坂本龍一さん、『レヴェナント:蘇えりし者』のサウンドトラックが、第59回グラミー賞の最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映像作品)部門にノミネート

坂本龍一さん、『レヴェナント:蘇えりし者』のサウンドトラックが、第59回グラミー賞の最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映像作品)部門にノミネート。
教授、おめでとうございます。

オリジナル・サウンドトラック盤「The Revenant(蘇えりし者)」オリジナル・サウンドトラック盤「The Revenant(蘇えりし者)」
坂本龍一、アルヴァ・ノト、ブライス・デスナー

commmons 2016-02-23
売り上げランキング : 2590

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



『レヴェナント:蘇えりし者』の感想はブログに記録。
・【追記版】『レヴェナント:蘇えりし者』を鑑賞-音楽は坂本龍一
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/437899827.html

・坂本龍一、「レヴェナント」サントラで第59回グラミー賞にノミネート (ナタリー)
http://natalie.mu/eiga/news/212264
坂本龍一による「レヴェナント:蘇えりし者」のサウンドトラックが、第59回グラミー賞の最優秀スコア・サウンドトラック・アルバム(映像作品)部門にノミネートされた。
WOWOWプライムでは、2月13日の9時より「生中継!第59回グラミー賞」を生放送する。


・坂本龍一 グラミー賞ノミネート感謝 FBに英語で「ありがとう」
http://mainichi.jp/articles/20161208/spn/00m/200/003000c
米音楽界最高の栄誉とされる「第59回グラミー賞」の候補が6日、発表され、映画「レヴェナント 蘇(よみが)えりし者」の音楽を担当した音楽家の坂本龍一(64)がサウンドトラック部門の賞にノミネートされた。受賞作品は来年2月12日に発表される。


・坂本龍一、グラミー賞ノミネート!自身3度目の快挙 (シネマトゥディ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0088100

坂本龍一さんのfacebook
https://www.facebook.com/ryuichisakamoto/posts/10153934674411604

Ryuichi Sakamoto - The Revenant Main Theme (Alva Noto Edit) - Music Video



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする