2014年06月11日

シャボン玉石けん株式会社「無添加石けん」40周年記念対談 森田隼人×坂本龍一

昨日の朝日新聞にシャボン玉石けん株式会社の全面広告に坂本龍一の対談が掲載。
以下はweb版。

シャボン玉石けん株式会社「無添加石けん」40周年記念対談 森田隼人×坂本龍一
http://www.shabon.com/40th/talk.html

オペラ『LIFE』を観に行ったら、お土産がシャボン玉石けんだった。
当時、皮膚の軽いアレルギーは出ていたが、化粧石鹸、合成洗剤を使っていた。
2003年ぐらいから石鹸生活に切り替えていった。
現在は洗濯用洗剤、洗剤全般、ハンドソープは石けんまたは、合成ではないものを使用。
洗髪だけは昨年からトラブルが続き、アミノ酸無添加シャンプー。
美容師さんからは「シャンプーで手荒れがおきるなら、その製品は使用を止めた方がいい」と言われた。
皮膚炎や手荒れの原因は合成洗剤だったりする。
沢山の石鹸商品を扱っている「せっけん百貨」も選択肢にひとつ。

せっけん百貨
http://www.live-science.co.jp/store/php/shop/

拍手、クリックして頂けると更新の励みになります。
blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

洗濯を考える−粉せっけんで洗濯、アルカリ洗濯、柔軟剤の香り

柔軟剤の香りで、体調不良になること多々。
2008年頃、休日午前中にベランダで洗濯ものを干したり、植物の世話をしていると、急に頭痛が起きることが頻繁にあった。起きていられないので、布団で寝てしまう。年齢によるものかホルモンバランスが変わったのかな、と思っていた。しばらくして、ご近所から甘い香りがした直後に気分が悪くなる、電車内でも似たような香りに遭遇すると同じ症状がでてきた。柔軟剤の香りが原因と判明。昨年、やっと柔軟剤の香りの健康被害が国民生活センター多数寄せられ、過剰な使用は控えるように報道された。体調がいい時に、ホームセンターやドラッグストアの洗濯洗剤売り場を見たら、洗剤より柔軟剤の売り場が倍以上。恐る恐る香りの見本を試す。昔のトイレの芳香剤のような香りすらある。どれも好きな香りではなかった。ずっと香りが続いたら頭痛が起きて、集中力がなくなりそう。
ネットから関連記事をいくつかピックアップ。

・無香料柔軟剤で優しさと思いやりをプラスしませんか? - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2137255750274975301

・LED電球のせいで洗濯洗剤の真っ白に光るトリックが台無しに
http://www.gizmodo.jp/2014/04/led_84.html

・衣類を白くするには「漂白」と「蛍光増白」がある
http://sentaku-shiminuki.com/senzai/kiso-keikouzai-6.html

・柔軟剤について
http://sentaku-shiminuki.com/senzai/kiso-sohuta-10.html

洗濯の洗剤に求めるのは、汚れ落ちがいい、使い方が簡単、排水が自然に分解されやすいもの、合成の香りづけではなく、無香料または天然のアロマオイルを使用、干した洗濯物がごわごわしない。
あくまでわたしの基準です。
合成洗剤は、化学や科学のまやかしがあることを知った。
粉せっけんで10年以上洗濯をしてきたが、最近の洗濯機は撹拌力が弱くて、お風呂の残り湯やお湯を使用しても、最後まで泡が消えない状態を保つのが難しい。粉せっけん洗濯を始めたころは、洗濯機の撹拌力が強く合成洗剤からの移行はあまり苦にならなかった。だが洗濯機を買い替えたら、今まで通りに洗濯ができない。低水位で粉せっけんを入れて15分撹拌し洗濯ものをいれて、通常コースをセットしても泡が消えてしまう。液体石鹸を投入しても、不経済なくらいれないと泡が保てない。住んでいる地区の水の硬度は調べていない。
二年ぐらい前からアルカリ洗濯(セスキプラス)と併用。15分ぐらい漬け置きすると、通常の汚れが落ちる。コストも安い。でも、部屋干しする匂うケースが出てきた。目に見えない汚れが落ちていない。粉せっけんと酸素系漂白剤を入れて洗濯すると匂いは消えた。冬場の冷たい水ではダメだし、上記のように泡を保つのが難しい。
長年使用している基礎化粧品をネットで注文したら、洗剤のサンプルが同封。海外の「ソネット」の洗剤。サンプルを使ってみたら、汚れ落ちがいい。無香料タイプを注文して、色んなものを洗ってみた。今まで落ちづらかった染みが落ちている。また、洗い上がりがやわらか。輸送コストが考えるとエコなのか悩む。しかし、汚れ落ち、洗剤の成分を考えると、ソネットの洗剤とセスキプラスを併用で使い分けになりそうな気がする。


ソネット 公式サイト
http://sonett.jp/

セスキプラス (せっけん百科)
http://sentaku-shiminuki.com/senzai/kiso-sohuta-10.html


拍手、クリックして頂けると更新の励みになります。
blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

4月22日は「アースデイ」に環境問題について考える

今日、4月22日はアースデイ。

・4月22日は「Earth day(アースデイ)」!Googleもロゴで地球環境保護を呼びかける
http://newclassic.jp/archives/12385

ブログのカテゴリにも「環境問題」がある。
・環境問題
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/category/5749457-1.html

ざっと読み返すと、坂本龍一さんが代表を務める「more Trees」「STOP ROKKASYO」の話題が多い。
雑記帳のように書きとめていたが、東日本大震災、原発事故が起きて、ある記事にアクセスが集中した。
・放射能汚染は浄化できない (2006年4月17日)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/108108264.html

放射能の汚染地図、ゴミ処理、下水の汚泥から排出された汚染物質は各自治体が保管場所に悩む。
福島などでは除染した土がビニールで覆われ山積みになっている。
8年前にブログを書いた時より、現実は厳しく過酷なものだった。

今日も朝は暖房が必要なくらい肌寒くて、年々気候変動が顕著になっている。人間の営みが「地球」に与えている影響は二酸化炭素の排出だけではないと思う。地表をコンクリートで舗装し、落ち葉の掃除が大変と樹木を伐採、農作物への農薬が蜂などの生態系に影響。日本は水が豊かな国だけど、生活排水が綺麗になるには、どのくらいかかるのだろうか。洗濯、洗剤、シャンプーなどは、粉石鹸、純石鹸、アルカリ洗剤(セスキプラス、アルカリウォッシュ)など、水に分解されやすいものをできるだけ使用している。かれこれ10年以上経つ。洗剤については思うことがあるので、後日記事を書こうと思う。
生活は便利なほうがいいが、少しは「地球」に優しい生活を心がけたい。

more Trees
http://www.more-trees.org/

STOP ROKKASHO
http://stop-rokkasho.org/

セスキプラス(せっけん百科)
http://www.live-science.co.jp/store/php/shop/s_show_abc-ZZ103.html

拍手、クリックして頂けると更新の励みになります。
blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

今日はアースディ

今日はアースディ。
googleのロゴをクリックすると…

http://www.google.co.jp/

昨日は異例の寒さ。
大きな地震も相次いでいる。
気候変動、地殻変動を身体で感じる。
地球で生きていく上に、大切なこと考えてみませんか?

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

3月11日(月)「つながろうフクシマ!さようなら原発講演会」に坂本龍一出席予定

3月9日〜11日は「つながろうフクシマ!さようなら原発大行動」が開催。
その中で坂本龍一は3月11日(月)「つながろうフクシマ!さようなら原発講演会」に出席予定。
http://sayonara-nukes.org/2012/12/121220/
日時:3月11日(月)18:30〜20:30
会場:品川区立総合区民会館「きゅりあん」
(JR、東急、りんかい線「大井町駅」1分)
<開会のあいさつ> 
鎌田 慧

<講演>
内橋 克人さん
大江 健三郎さん
坂本 龍一さん+後藤 正文さん(ASIAN KUNG-FU GENERATION)※対談
澤地 久枝さん
清水 修二さん(福島大学教授)
吉岡 斉さん(九州大学教授・副学長)


blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

3月10日、11日に日比谷公園で開催『311東日本大震災市民のつどい“Peace On Earth”』に呼びかけ人、坂本龍一のメッセージ公開

3月10日、11日に日比谷公園で開催『311東日本大震災市民のつどい“Peace On Earth”』に坂本龍一が呼びかけ人としてメッセージを寄せている。
他にも加藤登紀子、佐藤タイジ、後藤正文などの第1弾メッセージが公開。
昨年に続き2回目の開催。

311東日本大震災市民のつどい“Peace On Earth”
http://www.peaceonearth.jp/

坂本龍一
あれから2年。つい昨日のようでもあり、ずいぶん時間がたったようでもある。
たった2年の間に、ずいぶんいろいろなことが変わってしまった気がする。
もう一度犠牲者を悼み、あの災害で味わった自分たちの感情を思い出そう。
生きる意味を問い直そう。


◆関連記事
「311東日本大震災 市民のつどい『Peace On Earth』」から坂本龍一、後藤正文、岩井俊二の鼎談がアーカイブ放送 (2012年に開催)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/259092259.html

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

6月29日(金)から7月20日(金)開催 コニカミノルタ環境企画展「more trees 人と木のつながり」

more Treesは坂本龍一が代表を務める緑化活動のひとつ。
公式サイトで以下のような案内があった。
コニカミノルタ環境企画展「more trees 人と木のつながり」
http://www.more-trees.org/news/more-trees-5.html
2012年6月29日(金)から7月20日(金)まで コニカミノルタプラザにて、more trees取り組みと作品をご紹介する『more trees 人と木のつながり』が開催されます。
今回の展示では、more treesの紹介に併せて、国産木材を利用したモダンで温かみのあるmore treesオリジナルプロダクト展示されるほか、more treesが推進する被災地支援プロジェクト「LIFE311」で実際に建設した木造仮設住宅がギャラリーに再現されます。
開催期間中、more treesの活動を支援するための募金箱が設置され、ご寄付頂いた方には国産材を活用した割り箸がプレゼントされます。
また、7月16日(月)にはヒノキ材を使うワークショップ「木のスプーンを作ろう」も実施されます。
《開催概要》
■開催期間
2012年6月29日(金)から7月20日(金) 
10:30から19:00 期間中無休(最終日は15:00まで)
■開催場所
コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C
東京都新宿区新宿3-26-11新宿高野ビル4F  
Tel:03-3225-5001


詳細は以下をご覧ください。

コニカミノルタ環境企画展「more trees 人と木のつながり」
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2012july/moretrees/index.html
コニカミノルタプラザでは、2012年6月29日(金)から7月20日(金)まで「more trees 人と木のつながり」を開催いたします。
本企画展では、「もっと木を」というコンセプトのもと、音楽家 坂本龍一氏の呼びかけによって設立された森林保全団体more treesの活動を紹介します。
more treesに賛同するプロダクトデザイナーたちによる間伐材アイテムの多数展示をとおして、実際に見て、触れて、体験することで木の豊かさや温もりを感じ、日本の森林に思いを寄せていただけることを願っています。


クリックして頂けると更新の励みになります。
blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | 更新情報をチェックする