2014年12月16日

坂本美雨『ネコの吸い方』-猫の愛した方と運命の出会い

ネコの吸い方ネコの吸い方
坂本 美雨

幻冬舎 2014-12-09
売り上げランキング : 507

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


坂本美雨『ネコの吸い方』
美雨さんの猫との蜜月エッセイ。
愛猫のサバ美ちゃんとの出会いと吸い方指南、坂本家の猫遍歴、サバ美ちゃんのグラビア、猫が導いた運命の人の出会い、「Free Pets(ふりぺ)」の活動など。
この本には愛がいっぱいで、心が温かくなった。
猫好きなら、ジャケ買いしそうなサバ美ちゃんのポーズ。

サバ美ちゃんとの出会い。
美雨さんのTwitterはフォローしているので、サバ美ちゃんとの蜜月をずっと温かく見ていた。悪戯されても人間を信じていたサバ美ちゃんがいじらしい。30歳独身女性が、猫を飼うまでの経緯を読んでいて目頭が熱くなった。吸い方指南に猫と暮らしたことがないわたしは本とじっと見つめていた。

坂本家の猫遍歴は、お父様の坂本龍一さん、お母様の矢野顕子さんの古いファンなので、ラジオや雑誌連載などで、お二人が猫を話題にしていたので、坂本家の猫のことを知っていた。坂本龍一『音楽図鑑』に収録『M.A.Y IN THE BACK』のモドキ、アシュラは写真付きで、美雨さんが矢野さんと記憶をもとに追憶。モドキ、アシュラは坂本家周辺でのボス猫だったことは初めて知った。ボス猫が選んだ坂本家。凄いな。教授が木工大工で作った猫小屋も紹介。教授、矢野さんのそれぞれの猫とツーショット写真も載っていた。プラベート写真かな。

美雨さんとタビちゃんとの出会い。タビちゃんを知ったのは『月刊カドカワ』で矢野さん連載『月刊アッコちゃん』だった。美雨さんが猫を飼いたいと言ったエピソードは連載や本書で読むたび、矢野顕子『わたしのにゃんこ』が脳内再生。タビちゃんは矢野さんの『Oui Oui』の初回盤ボックスの写真や、歌詞カードでは抱かれていた。コンサートのパンフレットでも何度も見ていた。渡米してホームシックなのかお散歩しないことや、家出して捜索願いなどが『月刊アッコちゃん』に書いてあった。

旦那さまとの出会いがロマンチック。サバ美ちゃんと暮らしたことで、猫企画で知り合う。猫に興味がなかった恋人を猫の人に向かわせた美雨さんの愛。またまた涙。年を重ねると涙腺が緩くなりがち。結婚したことで、サバ美ちゃんの変化など、胸が熱くなる。

猫親戚は猫を預かってもらう、猫を通じて親密な関係の方がを紹介。ここにも運命の出会いの数々。

美雨さんのサバ美ちゃんと旦那さんとの愛に溢れたTwitterは以下。
https://twitter.com/miusakamoto

miusic ~The best of 1997-2012~  (2枚組ALBUM)miusic ~The best of 1997-2012~ (2枚組ALBUM)
坂本美雨

ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2013-06-25
売り上げランキング : 8263

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


音楽図鑑完璧盤音楽図鑑完璧盤
坂本龍一

ミディ 1993-09-20
売り上げランキング : 29238

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Oui OuiOui Oui
矢野顕子

エピックレコードジャパン 1997-01-07
売り上げランキング : 35323

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の著者 | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

近未来の美を追求−菅浩江『誰に見しょとて』

誰に見しょとて (Jコレクション)誰に見しょとて (Jコレクション)
菅 浩江

早川書房 2013-10-25
売り上げランキング : 55990

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


菅浩江『誰に見しょとて』
『SFマガジン』連載を単行本化。
書店で衝動買いしてよかった。
とても面白かった。
女性の全員とは言わないが、近未来でも女性は美を追求。
今年は美白化粧品の健康被害が報告されたことも、この作品のタイムリー性を感じる。
わたしの肌は白いほうで、ファンデーションはオークルの明るい色を選びことが多く、美白化粧品は使ったことはない。美人ではないが、目は二重で大きい、まつ毛も長い、口紅も口角を上げるように塗ることもないし唇の色素沈着もなく、ノーズシャドウを入れることもない。コンプレックスなし。念押しで美人ではない。
この本に登場する女性は、自分が綺麗でいたいと望み<ビッキー>を使い始める。
作られたコスメ業界の話に説得力がある。綺麗な肌、老いない美貌、画期的なクレンジングなど。美容なのか形成外科また整形外科など施す。美容整形は、歯並びを直すのはOKと思っている。虫歯になりやすいなら矯正、八重歯を抜くことなどまでは。ただ、真っ白な歯は違和感。10年ぐらい前からプチ整形と称して、目を二重などにする方が増えてらしい。わたしは化粧品カウンターでも「目が大きい、まつ毛が長い」と言われるので、その心は理解することはできない。切れ長め目も素敵だと思うけど。この本にでてくる女性の美容整形のエピソードは、老いることの意味を突き付けてくる。
後半は、ちょっと怖かった。
<ビッキー>は善なのか悪なのか。
古代編が物語に奥行きを出し、「美の追求」は未来永劫な感じがする。
ただ、化粧や美容なんて興味がない方が、楽しめるのかな。
久しぶりに読んだという充足感が得られた。

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
タグ: 菅浩江
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の著者 | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

4月26日に佐藤可士和『聞き上手 話し上手 38の可士和談義』発売−対談の相手は坂本龍一氏ほか

聞き上手 話し上手 38の可士和談議聞き上手 話し上手 38の可士和談議
佐藤 可士和 ウオモ編集部

集英社 2013-04-26
売り上げランキング : 7980

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4月26日に佐藤可士和『聞き上手 話し上手 38の可士和談義』発売。
アートディレクター、プロデューサーとして幅広く活動を続ける佐藤可士和氏。佐藤氏の『UOMO』での連載「可士和談義」を単行本化。"現代を感じる"対談の相手は坂本龍一氏、三木谷浩史氏、秋元康氏ら38人


blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2
posted by 美結 at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の著者 | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

五感以外のなにかが揺さぶられた−柴崎友香『わたしがいなかった街で』

わたしがいなかった街でわたしがいなかった街で
柴崎 友香

新潮社 2012-06-29
売り上げランキング : 63683

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


柴崎友香『わたしがいなかった街で』
内容説明
会えない人と、死んでしまった人と、どこに決定的な違いがあるのだろうか。世界は変わってしまったと騒ぐけど、いつのまにか戻っている。戻ったみたいに、なっている──。大阪で、ユーゴスラヴィアで、墨田区で、アフガニスタンで、世田谷で、イラクで、瀬戸内海で、ソマリアで…… 、わたしは、かつて誰かが生きていた場所を、生きていた。今この時を確かな言葉で捉えた作家の放つ、圧倒的飛躍作。


端的に表現するのが難しい。
さらさらしながら、ザラザラしている。
離婚で生活が変化。
現在に生きながら、過去を回想し、ノンフィクションを見て、旧友と会い、過去、現在、未来が交錯。
情景描写が巧い。
土地勘のある場所なら情景が浮かぶと思う。
五感以外のなにかが揺さぶられた。
既視感だろうか?
これぞ純文学と思える作品でした。
最新号『ダ・ヴィンチ』のプラチナ本で紹介。

著者のお名前は「ゆか」と思ったら、「ともか」でした。
受賞歴を調べると、数回芥川賞候補にもなっていた。
ほかの作品も読んでみたい。

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
タグ:柴崎友香
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の著者 | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

12月28日発売『私たちは、原発を止めるには日本を変えなければならないと思っています』坂本龍一他

12月28日発売『私たちは、原発を止めるには日本を変えなければならないと思っています』
著者名:飯田哲也 / 上杉隆 / 内田樹 / 江田憲司 / 開沼博 / 小出裕章 / 古賀茂明 / 坂本龍一 / 高橋源一郎 / 田中三彦 / 藤原帰一 / 保坂展人 / 丸山重威 / 和田光弘
総合誌「SIGHT」、2011年秋号と同年夏号の2回の総力特集を1冊にまとめて刊行!
原発問題を特集し、非常に大きな反響をいただいた総合誌「SIGHT」の2011年秋号と同年夏号。発売後まもなく多くの書店で品切れになったこともあり、お問い合わせも多数寄せられました。SIGHTがお手元に届かなかった方々にも、この特集をぜひ読んでいただきたい。そして、脱原発を目指して現在の問題に向き合っている方々の言葉を通して、今の日本の原発問題の実情を知っていただきたい。という思いから、この2回の特集のインタヴュー・対談をまとめた単行本の刊行を決定しました。日本は、いかにして原発推進国家となり、ここまで歩んできたのか。そのシステムはいかに強固なものなのか。そして福島第一原発事故が起きても、なおそれらが変わらないのはいったいなぜなのか。下記の、原発推進行政と戦ってきた当事者14人のインタヴュー・対談を通して、政府、官僚、司法、アカデミズム、地方行政、メディアなど、あらゆる面からその問題に取り組んだ1冊です。

http://ro69.jp/product/book/detail/61407

blogram投票ボタン

web拍手 by FC2
posted by 美結 at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の著者 | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

残された一本のテープの謎と青春時代 篠田節子『カノン』〜解説は青柳いずみこさん

カノン (文春文庫)カノン (文春文庫)

文藝春秋 1999-04
売り上げランキング : 206046

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


篠田節子『カノン』
学生時代の男友達が他界。
残された一本のテープ。
テープを謎を追う。

篠田さんはチェロを弾くと雑誌で読んだことがある。この作品を含めて『ハルモニア (文春文庫)』も音楽をモチーフにしている。
また、解説は青柳いずみこさん。
文庫では「ホラー」となっているけど、どちらかという青春時代の恋愛と、40代の女性のこれからの生き方と思えた。40代になれば、体形が変わり、日々のことに追われて昔の夢は忘却の彼方へ。
死者が残したテープは特殊な方法で録音され、回想される青春は甘酸っぱいものではない。
でも、なにか惹きつけられるものがあって、一気に読み終えた。
謎が知りたい方は、ご一読を。
それと、忘れていたことを思いだす物語でした。
余韻を残すエンディングがよかった。

blogram投票ボタン
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の著者 | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

本の虫 桜庭一樹『少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記』

少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記 (創元ライブラリ) (創元ライブラリ L さ 1-1)少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記 (創元ライブラリ) (創元ライブラリ L さ 1-1)

東京創元社 2009-08-30
売り上げランキング : 56236

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


桜庭一樹『少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記』
桜庭一樹の2006年の読書日記。

直木賞を受賞した直後、テレビの特集番組で度々、部屋の本棚がクローズアップされた桜庭一樹。本屋に行って嗅覚のように本を購入。そして読む。いや読み漁っています。漁か狩りのような読書生活。
ミステリーが多く知らない作品も多かった。また、日本の作家さんでは守備範囲が少し同じだと嬉しい。紹介している本には最新情報の注釈付き。
その間に執筆活動で編集者との打ち合わせ。10月29日発売の『製鉄天使』の秘話は読みどころ。
読みたい本が増殖するキケンな本。
タグ: 桜庭一樹
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | さ行の著者 | 更新情報をチェックする