2018年06月28日

坂本龍一が映画音楽担当の『天命の城』のオリジナル・サウンドトラックが配信

坂本龍一が映画音楽担当の『天命の城』のオリジナル・サウンドトラックが配信。サントラはダウンロードしていないけど、moraだとブックレット付き。現在、国内盤のCDの発売がないので、moraで音源購入かな。音楽はできれば配信で購入したくない。教授の曲でガラケーの着うたは機種変更で移行できなかったので聴けなくなった。YMO『rydeen 79/07』もiTunesでないサービスでダウンロードしたら、サービス終了。CDが発売になったのはよかった。教授ファン歴35年。ソロ名義、企画盤、サントラなどは、発売と同時に購入してきた。それでも所有していないCDも多数ある。配信に抵抗したくなる古い人間。パッケージで欲しいというのは時代に逆行しているのかもしれないが、音楽はサービス終了で使い捨ては解せない。でも今回はダウンロード予定。臨機応変ともいう。


◇mora
デジタルブックレット付きを期間限定配信 購入対象期間は6/20(水)〜7/19(木)
http://mora.jp/topics/news/tenmeinoshiro/
http://mora.jp/search/album?keyWord=%E5%A4%A9%E5%91%BD%E3%81%AE%E5%9F%8E

◇e-onkyo music
http://www.e-onkyo.com/music/album/antcd28243/

◇apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/%E5%A4%A9%E5%91%BD%E3%81%AE%E5%9F%8E-%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB-%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/1394409311

◇ototoy
https://ototoy.jp/_/default/p/110056

◇レコチョク
http://recochoku.jp/album/A2001277540/


◇オリコンミュージックストア
https://music.oricon.co.jp/php/cd/CdTop.php?cd=SPC80773886&mt=13

◇music jp
http://music-book.jp/music/Artist/461078/hiresoalbum/aaaamuw0



天命の城 公式サイト
http://tenmeinoshiro.com/




★ ★ クリックして頂けると更新の励みになります ★ ★

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:46 | Comment(0) | 音楽・坂本龍一 | 更新情報をチェックする

坂本龍一×デイヴィッド・トゥープ コラボ・パフォーマンス映像50分をアーカイブ公開

坂本龍一×デイヴィッド・トゥープ コラボ・パフォーマンス映像50分をアーカイブ公開。
6月25日(月)午前4時からライブ中継で、早朝に起きられなかったので、アーカイブの公開は嬉しい。しかしiPhoneやPCで動画を再生するとフリーズしてしまい、PCのプログラムを更新してやっと聴けたというか、聴きながらブログ更新。ノイズミュージック全開のライブ。そして24日(日)は細野さんのライブに幸宏さんと教授が飛び入り参加してYMOの曲を演奏とTwitterに投稿が流れてきた。でも、外出中だったので情報に追いつくのにタイムラグが生じた。日本でも教授やYMOのライブはないのかしら。

配信サイト
https://www.facebook.com/ntsradiolive/videos/10160615527360444/@33_thirtythree


坂本龍一×デイヴィッド・トゥープ コラボ・パフォーマンス映像50分をアーカイブ公開 (amass)
http://amass.jp/106923/
坂本龍一とデイヴィッド・トゥープ(David Toop)によるコラボレーション・パフォーマンスの映像約50分がアーカイブ公開中。
坂本龍一がキュレーションを手がけるイベント・シリーズ<MODE 2018>の一環として、英ロンドンのシルバータウンにある古いビール工場(カールスバーグ・テトリー)で行われたライヴ・パフォーマンスの映像。










にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:25 | Comment(0) | 音楽・坂本龍一 | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

情報が氾濫しすぎて、ネットで迷走

インターネットを始めたのは、黎明期を過ぎた2001年。著名人の公式サイトには最新情報、趣味の事柄で検索すると、一般の方のwebサイトには、コレクション公開、趣味の最新情報、過去情報、掲示板などがあって興味深く閲覧していた。最初は恐る恐る掲示板に書き込んだ懐かしい記憶。掲示板にお邪魔するのには飽き足らず、2005年1月にブログを開設。始めたころのブログサービスは終了してけど、全て移行したので公開日記が12年分で、当初はネガティブなことは書かないようにしていた。今でも読書記録、映画の鑑賞記録、ライブの記録などは、忘れかけた内容を参考にすることがある。twitterは始めたのは2009年4月。その頃は、アーティストや作家さんなどお返事がくるとワクワク、ドキドキした。特にUSTでネットライブは画質も音質もクオリティが向上して、自宅でライブが楽しめると21世紀の技術革新を喜んだ。そして2011年3月に東日本大震災、大津波、原発事故と3.11が起きた。それまではネットで苦い思い出もあるけど、楽しいツールだった。あれから7年。繋がる人は自分の思いが同じ人にしまいがち。反対意見も読むことはあるけど、暴言や罵倒、揶揄など見るに堪えないものを多い。それは同じ考えの方でも、たまにある。わたしもtwitterでは不満を書いてしまうことが増えた。言葉は言霊だけど、吐き出さないとつぶれてしまう。でもネガティブな感情のスパイラルが起きる。ネット落ちするのがいいのだけど、やや依存気味。若い世代がネットで複数のアカウントを使い分けるというのも頷ける。ネットではわたしも人格を作っていると思う。数々のオフ会に参加すると、男性から「美結さん、意外にしゃべるんだね」「冷静なイメージだったが、ギャップが…」など言われること多々。現在、そのメッキも剥がれているような気がします。
ブログの更新頻度は下がっているけど、たまには徒然日記で生存表明。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
タグ:感覚戯話
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 16:11 | Comment(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

2018年3月に読んだ本

2018年3月に読んだ本です。
『杏のふむふむ』がとてもよかったのでお勧め。

■音楽は自由にする 坂本龍一
坂本龍一さんの自伝。4月に教授が『ファミリーヒストリー』に登場なので再読。出版から9年が経ち、その間の大きな出来事は、やはり病気治療と休業。初めて読んだ時は、好きな人の生い立ちを知ってウキウキしたような感じだったが、今回は音楽家として歩みを、わたしの記憶と共に振り返っていた。療養後に発表された作品に、この自伝を補完するようなことがあった。

■杏のふむふむ 杏
杏さんを認識したのは、たまに見ていた『ゴチになります』のレギュラーだった。朝ドラ『ごちそうさん』のヒロインを演じる前後に、お父様が大河ドラマ経験の俳優さんと知った。エッセイだけど、彼女からカフェでお話を聞いているような感じで、大笑いや脳内で相槌をしながら楽しい。わたしが経験したことのない世界を素晴らしい描写力で伝え、心が弾む。文庫だけに収録の後日談に思わず涙。解説は村上春樹さん。

■最愛の子ども 松浦理英子
登場人物の名前が珍しく、何度も読み方を再確認。視点が変わるので読むのに難儀。ただ「百合の世界」を描いただけではないと思うが読解力がなかった。

■小説禁止令に賛同する いとうせいこう
いとうせいこうがモデルのような主人公は、伏せ字、ある語彙表現を使わず記述。一度読んだだけだと言わんとしていることが不明で、スルメのように噛み締めるとじわじわきそう。表紙カバーがハトロン紙なので、図書館だとカバーを外して貸し出すのだろうか。

■文・堺雅人 (文春文庫) 堺雅人
堺雅人さんは、ドラマ『嫉妬の香り』でちょっと気になる役者さんだった。だが連載中の活動情報を見ると、ドラマや映画は見ていないものが多い。舞台『エレファント・バニッシュ』は観たが、堺さんの役が思い出せない。エッセイは敢えて仮名書きや、漢字表記する感情を平仮名で書くことで柔和な印象。しかし九州出身なのでお酒も強く、食欲旺盛。パワフルな役も多いのに、何故か意外と思ってしまった。官僚にならなかったのは吉だったのかなと官僚の証人喚問を見ながら思った。

■前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って (知恵の森文庫) 森下典子
『杏のふむふむ』で、杏さんがこの本が大好きで2冊所有、本作を原作としたノンフィクション風ドラマの主演に抜擢とエピソードを紹介。著者が体験した前世を探す旅。ノンフィクションなのか、よく出来た小説なのか、著者が体験したシンクロニシティ。一気読みでキーワードで気になったのはラピスラズリ。以前、ラピスラズリのネックレスを一目惚れで購入。石の魅力を信じ過ぎたのか、波動が強く過ぎて着用していない。そろそろ封印を解こう。人生で初めて購入したジュエリーはルビーで、宝石に纏わる記憶が蘇った読書だった。


音楽は自由にする
音楽は自由にする
  • 発売元: 新潮社



杏のふむふむ (ちくま文庫)
杏のふむふむ (ちくま文庫)
  • 発売元: 筑摩書房


最愛の子ども
最愛の子ども
  • 発売元: 文藝春秋


小説禁止令に賛同する
小説禁止令に賛同する
  • 発売元: 集英社


文・堺雅人 (文春文庫)
文・堺雅人 (文春文庫)
  • 発売元: 文藝春秋





にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 15:09 | Comment(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

6月4日(月)から「坂本龍一映画祭」開催

6月4日(月)から「坂本龍一映画祭」開催。6/4に『戦場のメリークリスマス』、6/5に『シェルタリング・スカイ』、6/6に『ラストエンペラー』、6/11に『レヴェナント:蘇えりし者』、6/12に『Ryuichi Sakamoto: CODA』、6/13に『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async』を上映。劇場はTOHOシネマズ 六本木ヒルズ。

詳細
https://www.facebook.com/commmons.official/posts/1987540364651807

チケットの申し込み
https://www.dreampass.jp/special

上映の映画は全て映画館で観た。拙ブログに感想を書いているのでリンク。ブログも10年以上続けていると、その時の心情が蘇る。特に「戦メリ」については多数の記事を書いている。

・戦場のメリークリスマス』の原作L・ヴァン・デル・ポスト『影の獄にて』(原作と映画の感想、ネタばれあり)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/108108878.html

・【追記版】『レヴェナント:蘇えりし者』を鑑賞-音楽は坂本龍一 (ややネタばれあり)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/437899827.html

・ドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto:CODA』を鑑賞 その1 - 「東京国際映画祭」で坂本龍一さんの舞台挨拶付きで (ネタばれなし)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/category/5749458-1.


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:16 | Comment(0) | 映画情報など | 更新情報をチェックする

【5/27更新】坂本龍一の2018年5月以降の活動予定

坂本龍一さんの2018年5月以降の音楽活動やメディア登場、イベント情報などです。
順次更新予定。
NEW♪が更新情報。

■上映中『Ryuichi Sakamoto:CODA』
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
出演:坂本龍一
http://ryuichisakamoto-coda.com/
https://twitter.com/skmt_coda
https://www.facebook.com/ryuichisakamoto.coda/
http://www.ycam.jp/cinema/calendar/2018/03/

■3月29日(木)から開催 『ロック・アイコンズ(ROCK ICONS) / SUKITA X HARARI』
写真家の鋤田正義とグイード・ハラリによるポートレート写真展で、鋤田によるYMO、ハラリによる坂本龍一のポートレイトを展示
開催期間:2018年3月29日(木)〜5月20日(日) 13:00〜19:00
会場:ブリッツ・ギャラリー
https://www.fashion-press.net/news/37331
http://blitz-gallery.com/exhibitions.html

■4月3日(水)から開催「鋤田正義写真展『ただいま。』」
デヴィッド・ボウイ、YMOなどの写真を展示
会期:4月3日(火)〜5月20日(日)
会場:直方谷尾美術館 
http://www.sukita.photo/

■4月13日から開催『Through A Quiet Window ―スティーヴ・ジャンセン写真展―』
デヴィッド・シルヴィアン、ミック・カーン、リチャード・バルビエリ、ロブ・ディーン、高橋幸宏、坂本龍一、細野晴臣 などの写真を展示
会期:2018年4月13日(金)〜5月13日(日)
会場:ジェイアール京都伊勢丹6階=特設会場
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/1804kyotographie/

■5月6日(日)24時から放送 J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』
ナビゲーター:坂本龍一
http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto
https://twitter.com/radiosakamoto
http://radiko.jp/

■5月10日(木)先行配信 坂本龍一のドキュメンタリー映画 『Ryuichi Sakamoto: CODA』
iTunes Storeで先行配信
https://itunes.apple.com/jp/movie/ryuichi-sakamoto-coda/id1353284812

■5月11日(金)発売『婦人之友 2018年6月号』
坂本龍一と国谷裕子との対談掲載
https://www.amazon.co.jp/dp/B07CCFSCKK
http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201806/

■5月19日(土)から上映 『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』
監督:相原裕美
出演:鋤田正義、ジム・ジャームッシュ、山本寛斎、永瀬正敏、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏 ほか
http://sukita-movie.com/

■5月25日(金)発売 blu-ray & DVD『Ryuichi Sakamoto:CODA』 NEW♪
坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto:CODA』を、コレクターズエディション(blu-ray2枚組)、スタンダードエディション(Blu-ray)、スタンダードエディション(DVD)の3形態で発売
本編に未公開インタビュー集、劇場予告編を収録
コレクターズエディションは「坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async」と未公開シーンなどの特典映像を収録
Blu-ray、DVD共にヘッドホンで5.1chサラウンドを体感できるDTS Headphone:XRを実装
https://www.facebook.com/ryuichisakamoto.coda/posts/747992582071758

◇Ryuichi Sakamoto:CODA コレクターズエディション with PERFORMANCE IN NEW YORK:async(2枚組Blu-ray、初回限定生産)
http://shop.mu-mo.net/avx/sv/item1?jsiteid=CMM&seq_exhibit_id=220333&categ_id=572301
http://www.amazon.co.jp/dp/B07B97X2ZP
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8653812

◇Ryuichi Sakamoto:CODA スタンダードエディション(Blu-ray)
http://shop.mu-mo.net/avx/sv/item1?jsiteid=CMM&seq_exhibit_id=220336&categ_id=572301
http://www.amazon.co.jp/dp/B07B96X195
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8653815

◇Ryuichi Sakamoto:CODA スタンダードエディション(DVD)
http://shop.mu-mo.net/avx/sv/item1?jB07B9siteid=CMM&seq_exhibit_id=220335&categ_id=572301
http://www.amazon.co.jp/dp/B07B97X6GK
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8653813

■『Ryuichi Sakamoto Exhibition: LIFE, LIFE』開催
デビュー40周年を迎えた坂本龍一のソウルでの初のエキシビション
日時:2018年5月26日〜10月14日
会場:piknic (韓国)
https://www.facebook.com/commmons.official/posts/1986792398059937  

■6月4日(月)から「坂本龍一映画祭」開催 NEW♪
6/4に『戦場のメリークリスマス』、6/5に『シェルタリング・スカイ』、6/6に『ラストエンペラー』、6/11に『レヴェナント:蘇えりし者』、6/12に『Ryuichi Sakamoto: CODA』、6/13に『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async』を上映
劇場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
https://www.facebook.com/commmons.official/posts/1987540364651807
https://www.dreampass.jp/special

■6月20日(水)発売予定 オリジナル・サウンドトラック『天命の城』
坂本龍一が映画音楽を担当の『天命の城』のオリジナル・サウンドトラックが2枚組アナログ盤で発売
http://shop.mu-mo.net/avx/sv/item1?jsiteid=CMM&seq_exhibit_id=223061&categ_id=572301&x=21&y=13

■6月22日(金)から上映予定 『天命の城』
監督:ファン・ドンヒョク
音楽:坂本龍一
出演:イ・ビョンホン、キム・ユンソク
http://tenmeinoshiro.com/

■7月1日(日)24時から放送予定 J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』
ナビゲーター:坂本龍一
http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto
https://twitter.com/radiosakamoto
http://radiko.jp/

■7月4日(水)発売予定 『シェルタリング・スカイ』
blu-rayが発売
音楽:坂本龍一
http://www.amazon.co.jp/dp/B07CKYXWY6



◆関連記事
【5/17更新】坂本龍一の2018年4月以降の活動予定
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/458770331.html



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 10:57 | Comment(0) | 音楽・坂本龍一 | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

膝の関節炎で通院と雑感

3月中旬から、膝の関節炎で通院。膝の水が溜まっているので、水を抜きヒアルロン酸を注入。5回目ぐらいで好転するらしいが、6回目突入。膝の痛みで気付いたことがあった。まずは和式トイレでは立ち上がれない。駅や商業施設のトイレで、シニア世代が和式トイレを避けているのは、膝の痛みや足腰が弱っているので不便だったのね。階段は昇るより下るほうが痛い。エスカレーターよりエレベーターやを使うことが増えた。エスカレーターのベルトに手を置き大荷を持って乗っていると、右側をずんずん昇ってくる方が多い。膝が痛む前から歩くのはやめてほしいと思ったが、利用者が多い時間はわたしが転倒してしまう危険が高そうなので、エレベーターに乗ることにした。ノンステップバスは膝の負担が少ないけど、古い車両だとワンステップでも、手すりにつかまらないと乗り降りができない。またノンステップのタクシーに偶然乗ったら、乗り降りが楽。後部座席はふたりでゆったり座れて快適。バリアフリーは白い杖や車椅子利用者だけでなく、怪我や病気などの健康不安があっても外出できることと痛感。JRのとある駅では、ホームが急カーブになっていて、ホームの間がとても空いて怖かった。車内の手すりにつかまりながらゆっくり降りた。その駅は何度か利用していたが、渋谷駅のようにカーブしていると認識してなかった。昨年、左手の指を縫合したときも日常の動作で困ったけど、右の膝の痛みでも不便。ヒトは痛みが生じると、ネガティブな感情に支配されやすい。一番、困惑しているのは夫。少しは良くなっていると思っていたようで、認識のズレが起きて衝突。ネットでさらすのも恥ずかしいので、慮って頂けると幸甚。ネットの片隅の記憶でも、誰かに役立つことが気づくことがあったら嬉しい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 16:10 | Comment(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする