2017年09月12日

9月11日放送の報道ステーション『「3.11に伝えたい」の音楽家・坂本龍一さんに聞く』特集動画がアップ

9月11日放送の報道ステーション『「3.11に伝えたい」の音楽家・坂本龍一さんに聞く』特集動画がアップ。動画はパソコンで再生可能。
昨日の放送はリアルタイムで見た。東日本大震災、原発事故から6年半。当時の記憶は時系列が混乱していて、原発事故の第一報はネットかテレビだったかよく覚えていない。余震も頻発し計画停電など、今までに経験したことない事柄が続発。3月11日の深夜に寝付けずにTwitterのTLで「東海村の原発は大丈夫かしら」と原発に危機意識を持った方とやり取りをしていた。教授は「おやすみなさい、柏崎刈羽原発」や「STOP ROKKASHO」を立ち上げて、『ロッカショ 2万4000年後の地球へのメッセージ』を出版し、事故以前から原発への危機意識は高かった。
わたしは原発は再稼働すべきではないと考えているし、核のゴミの廃棄や管理などの問題は先送りになっている現実。

「3.11に伝えたい」の音楽家・坂本龍一さんに聞く
http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/feature/detail.php?news_id=202222

おやすみなさい、柏崎刈羽原発
https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/

STOP ROKKASHO
http://stop-rokkasho.org/





にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村記事は続きます。
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 12:03 | Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

9月11日(月)午後9時54分からテレビ朝日『報道ステーション』の「3.11からえ伝えたい」特集で、坂本龍一さんのインタビューが放送予定

9月11日(月)午後9時54分からテレビ朝日『報道ステーション』の「3.11からえ伝えたい」特集で、坂本龍一さんのインタビューが放送予定。
録画予約をした。今日は9.11から16年。








にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 18:44 | Comment(0) | テレビ | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

坂本龍一さんの公式instagramが開設

坂本龍一さんの公式instagramが開設。

Ryuichi Sakamoto
https://www.instagram.com/skmtgram/

早速、フォローした。直近だと「札幌国際芸術祭」や「ヴェネチア国際映画祭」での写真がアップ。秋にはドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto:CODA』が公開なので、関連することがアップされそう。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 12:25 | Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

坂本龍一さんが「ファーストペンギン アワード2017」を受賞

坂本龍一さんが「ファーストペンギン アワード2017」を受賞。
教授、受賞おめでとうございます。ネットで受賞のインタビューを読むと、大病の治療、復帰後の映画音楽『レヴェナント』は分岐点だったと思う。映画では主人公は試練の連続で、教授の心情と重なったのかなと憶測。教授は新しいことにチャンレンジ、邁進しているので、ファンにも刺激になっている。

以下は、webニュースから抜粋。

・「ファーストペンギン アワード2017」受賞は坂本龍一さん(dglab)
http://media.dglab.com/2017/08/29-penguin-01/
芸術やスポーツ、科学技術などの分野で、世界を舞台に独創的な挑戦を続ける人物を讃えるとともに、今後の活動を支援することを目的とし創設された「デジタルガレージ ファーストペンギンアワード 2017」の授賞式が29日に東京都港区の虎ノ門ヒルズで行われた。
 2017年度の受賞者として、世界を舞台にアーティストとして活躍する坂本龍一さんが選出された。YMO(イエローマジックオーケストラ)での音楽活動や『戦場のメリークリスマス』などの映画出演によって、広く知られる坂本龍一さん。世に先んじて先端テクノロジーを導入した芸術活動をグローバルに展開する一方で、森林保全活動や、東日本大震災被災地の幼稚園・小・中・高校に対しての音楽活動支援などを継続的に行う仕組み作りなどを熱心に行ってきた。


・坂本龍一、病み上がりで挑んだ映画音楽「死ぬ覚悟だった」(oricon)
http://www.oricon.co.jp/news/2096375/full/
 自身がこれまでのキャリアで「リスクを冒した挑戦」を問われると、『第59回グラミー賞』にもノミネートされた『レヴェナント』のサウンドトラック制作に向き合った日々を振り返った。「3年前にがんになったでしょ。仕事休んで、治療して、ゆっくり回復して仕事に戻ろうと思っていたら、監督が音楽をやってほしいとうちに電話してきて。手術したばかりで難しいと言ったんですが『やれ』と」。
 「大変な仕事になるのはわかっていたので、引き受けたら再発してしまうんじゃないかと考えましたね」と不安も感じたという。それでも「デビューから注目していた監督、しかもアカデミー賞を獲った次の作品の音楽。世界中の音楽家が望んでも手が出ないしできない仕事ですから、文字通り死ぬ覚悟で、自分の命と引き換えにという思いでした」と病み上がりで大仕事を引き受けた心境を明かした。


logmiではファーストペンギンアワード2017に関する記事は三分割で掲載。

・「ただ好きなことをやっていたらこうなった」巨匠・坂本龍一氏が振り返る、音楽家としての足跡(logmi)
http://logmi.jp/231700
坂本 環境問題に少し関心が出てきたのはものすごく前で、92年ぐらいです。それで、言葉でみんなに広めるというよりは自分でできることをやろうと思って。 その頃はCD売ってました。だから自分の本業のCDのパッケージをエコフレンドリーなものにまず変えたんですよ。そうしたらものすごいバッシングというか、評判が悪くて。「あいつは気が狂った」とか言われたんですけど、まあ少しずつ地道にやっている。 2000年ぐらいに自分のコンサート、これを自然エネルギーでやろうと思って、いろいろ声をかけて協力してもらってやったんですけど、リハーサルとかコンサート含めてけっこう電気使うので、最初始めたときはたった10パーセントだったんだけど、2005年にツアーやったときは100パーセント自然エネルギーで賄われていたんだったかな。まあ、いろいろやってます。 だけど、今Joiが言ったように、やることも大切だし、言葉で言うことも大切なんだけど、やっぱりかっこよく美しくやりたいというか、僕がやってることがかっこいいかどうかはそれはさておいて、自分としてはそう思っています。 だからよく言ってたんだけど、言ってることが正しくとも受け入れにくい入り口というか、お化粧というか、見かけがないと人の心には入っていかないので。それは音楽でもファッションでもなんでもそうですけど。言ってることが正しくて、でも見かけもいいと。これでやっと人は見てくれるし、耳を傾けてくれると思うので、そういう精神でやってきました。


・反骨の音楽家、坂本龍一が若者に伝える「大人の言うことを信じるな」「とにかく自分で考えろ」の意味
http://logmi.jp/231831
坂本 なんていうのかな、広い音楽的な環境とかそういった環境というところから、日本の古い音楽とか文化にはますます興味が出てきて、能とか雅楽とか、そういう付き合いがより深まってるんですけど。知れば知るほど非常に長い期間伝わってきた音楽というのはとても強いことがあるし、これだけ生活スタイルや歴史が変わっても残っている音楽というのは何かとても強い力があって、そこから僕らも学ぶことがあるので、Joiが言っている浸透と環境へのエコというのを結びつけるようなことは、とても近しいところだと思います。 例えば、江戸時代というのは非常にエコロジカルな大きな街で、ごみゼロだったとかそういった捉え方もされていますし。日本の伝統から未来に導き出せる感覚とか感性とか技術とか、そういうものはまだまだたくさんあると思います。それは日本だけでやるんじゃなくて、世界に役立つ知恵だと思うんですよね。

これは賞をいただいたからおもねるわけじゃないんですけど、非常に今言っていたことと近くて。「とにかく自分の頭で考えろ」、ということですよね。だから「大人が言うことを信じるな」ということを僕が言わなきゃいけないんだけど(笑)。それを言葉で言うんじゃなくて、なんていうのかな。


・「それが僕にとっては生きることだから」ガンに冒されながらも作曲を続けた、彼の信念(logmi)
http://logmi.jp/231909
坂本 その仕事に限らず、僕はわりとコラボレーションって多いんですよ。音楽家とのコラボレーションも映画もやってるし、美術家ともやっているけれども、これはやっぱり……なんでしょうね。 僕はね、例えば1人で音楽を作っていても常にまだ自分から出てきていない、新しい音楽が出てくることを望んでいるんですよね。今までの自分ができることをやるのは当たり前で、今までできていないことを、今日聞きたい、見たい。 だから、長く仕事をしていればたくさんいろんなことをやってるから、新しいことが出てくるのは難しいですよ。自分のテクニックっていうのは自分が一番知ってるわけだから、そこでもなかなか自分は騙せない。でも、まだ何かあるんじゃないかと思って苦労していて。今までやったことのない音楽とか音とか、あるいはアイデアとかが出てきた時は、非常に嬉しくて。 それが嬉しくて続けている。だから子供たちとコラボレーションしたり、映画監督とやったりっていうのも全部そのためなんですよね。だから、それが僕にとっては生きることだから、だからイニャリトゥという当時世界で一番力がある監督と一緒に仕事ができるならば、それで終わっても本望だと言うことですよね。いつもそういう精神でやってます。


・・坂本龍一「死んでもしょうがない」がん再発も覚悟した大きな挑戦 「ファーストペンギンアワード」受賞(MusicVoice)
http://www.musicvoice.jp/news/20170829072644/

・坂本龍一、病み上がりで挑んだ映画音楽「死ぬ覚悟だった」(excite)
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170829/Oricon_2096375.html


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:39 | Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

9月3日(日)24時からJ-WAVE『RADIO SAKAMOTO』放送-ナビゲーターは坂本龍一

9月3日(日)24時からJ-WAVE『RADIO SAKAMOTO』放送。
ナビゲーターは坂本龍一。
J-WAVEが受信できない地区ではradikoエリアフリー(有料)で、リアルタイムで聞けない方はradikoタイムフリーで聞くことができます。
今晩は『米軍(アメリカ)が最も恐れた男その名は、カメジロー』の音楽が聴けるかしら。

radiko
http://radiko.jp/
radiko エリアフリー
http://radiko.jp/#!/areafree
radiko タイムフリー
http://radiko.jp/#!/timeshift

公式サイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto

Twitter
https://twitter.com/radiosakamoto

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 09:47 | Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

【8/31更新】坂本龍一の2017年8月以降の活動予定

坂本龍一の2017年8月以降の音楽活動やメディア登場、イベント情報などです。
順次更新予定。
NEW♪が更新情報。

■元ちとせ『死んだ女の子』が8月31日(木)までの期間限定配信 
坂本龍一プロデュース
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1265005613?at=10lpgB&ct=4547366325522_al&app=itunes
レコチョク:http://recochoku.com/s0/sindaonnanoko/
mora:http://mora.jp/package/43000001/4547366325522/

■8月4日(金)上映 『STAR SAND ─星砂物語─』
原作・監督・脚本:ロジャー・パルバース
主題曲:坂本龍一
出演:織田梨沙、満島真之介、ブランドン・マクレランド、三浦貴大、吉岡里帆、寺島しのぶ、渡辺真起子、石橋蓮司、緑魔子
http://www.star-sand.com/
https://twitter.com/StarSand_movie
https://www.facebook.com/TheStarSandTeam/

■8月6日(日)午前1時40分から再放送 BSプレミアム『吉永小百合×坂本龍一 朗読会』
2016年12月19日に大阪フェスティバルホールで収録
朗読:吉永小百合
出演:坂本龍一、大貫妙子、村治佳織、辻雄貴、藤田六郎兵衛、東北ユースオーケストラ
朗読:クララ・クマガイ
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2017-08-05&ch=10&eid=33018&f=4308
http://www4.nhk.or.jp/P4308/

■8月12日(土)沖縄先行上映 『米軍(アメリカ)が最も恐れた男その名は、カメジロー』 
監督:佐古忠彦
語り:山根基世、大杉漣
テーマ音楽:坂本龍一
http://eiga.com/movie/87030/video/
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3086136.htm

■8月20日(月)発売 『ハーパーズ バザー 10月号』NEW♪
「ミュージックアイコ ン」に坂本龍一が掲載
http://www.hearst.co.jp/brands/harpersbazaar/issue/170819

■8月26日(土)上映 『米軍(アメリカ)が最も恐れた男その名は、カメジロー』 
監督:佐古忠彦
語り:山根基世、大杉漣
テーマ音楽:坂本龍一
http://eiga.com/movie/87030/video/
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3086136.htm

■8月26日(土)『札幌国際芸術祭2017 毛利悠子《そよぎ またはエコー》 パフォーマンス「After the Echo」』
会場:札幌市立大学芸術の森スカイウェイ
出演:カミーユ・ノーメント、坂本龍一
http://siaf.jp/news/7785.html

■8月28日(月)午後10時25分から放送 NHK総合『プロフェッショナル 仕事の流儀』 NEW♪
出演:東信、坂本龍一、原研哉、蜷川幸雄
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&ch=21&date=2017-08-28&eid=15446&f=284

■9月1日(金)午前1時25分〜から放送予定 NHK総合『プロフェッショナル 仕事の流儀』 NEW♪
出演:東信、坂本龍一、原研哉、蜷川幸雄
http://www.nhk.or.jp/professional/2017/0828/index.html

■9月3日(日)24時から放送予定 J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』
ナビゲーター:坂本龍一
http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto
https://twitter.com/radiosakamoto

■9月23日(土)午後9時から放送予定 WOWOWシネマ『怒り』
監督:李相日
音楽:坂本龍一
出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡ほか
http://www.wowow.co.jp/detail/110669/-/01

■11月4日(土)上映予定『Ryuichi Sakamoto:CODA』
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
出演:坂本龍一
https://twitter.com/skmt_coda
https://www.facebook.com/ryuichisakamoto.coda/

■「午前十時の映画祭」で『戦場のメリークリスマス』上映予定
GROUP A:12月2日(土)から12月15日(金)
GROUP B:12月16日(土)から12月29日(金)
監督:大島渚
音楽:坂本龍一
出演:デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけし
http://asa10.eiga.com/2017/cinema/713.html

■12月9日(土)から開催予定『企画展「坂本龍一 featuring 高谷史郎 設置音楽 2」(仮称)』
期間:2017年12月9日(土)から2018年3月11日(日)(予定)
会場:ICC
http://www.ntticc.or.jp/ja/press/2017/press-schedule-2017-201


◆関連記事
【7/7更新】坂本龍一の2017年7月以降の活動予定
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/451456346.html

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 08:24 | Comment(0) | 音楽・坂本龍一 | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

11月4日(土)公開、坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto:CODA』が「74回ベネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門」に公式出品

11月4日(土)公開の坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto:CODA』が「74回ベネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門」に公式出品。秋の公開が待ち遠しい。twitterとfacebookに公式アカウントが開設された。

Ryuichi Sakamoto:CODA(Twitter)
https://twitter.com/skmt_coda
Ryuichi Sakamoto:CODA(facebook)
https://www.facebook.com/ryuichisakamoto.coda/


ネットニュースから抜粋

・坂本龍一の記録映画がヴェネチア公式出品 タイトルは『CODA』、11月公開(CINRANET)
https://www.cinra.net/news/20170727-sakamotoryuichi
坂本龍一のドキュメンタリー映画の正式タイトルが『Ryuichi Sakamoto: CODA』に決定。あわせて8月30日から開催される『第74回ヴェネチア国際映画祭』アウト・オブ・コンペティション部門に公式出品することがわかった。
監督を務めたのは、同作が劇場版映画初監督となるスティーブン・ノムラ・シブル。シブル監督は、震災以降の坂本龍一の音楽表現の変化に興味を持ち、密着取材を始めたという。
タイトルの「CODA」は、一つの楽曲や各楽章の終わりに、終結の効果を強めるために付け加えられた部分を指す音楽用語。『Ryuichi Sakamoto: CODA』は『ヴェネチア国際映画祭』でのワールドプレミアを経て、11月4日から東京・角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開される。


・坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』第74回ベネチア国際映画祭に公式出品 (musicman.net)
http://www.musicman-net.com/artist/69495.html
世界的音楽家である坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画の正式タイトルが『Ryuichi Sakamoto: CODA』に決定。11月4日より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開される。この度、本作が8月30日(現地時間)にイタリア・ベネチアで開幕する第74回ベネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に公式出品されることが決定した。
震災以降の坂本の音楽表現の変化に興味をもち、密着取材を始めたのは、本作が劇場版映画初監督となるスティーブン・ノムラ・シブル。坂本龍一が「全てさらけだした」という本作は、過去の旅路を振り返りながら、新たな楽曲が誕生するまでの、坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリーとなっている。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 18:10 | Comment(0) | 映画情報など | 更新情報をチェックする