2020年08月09日

観葉植物のサンスベリアの花が咲いた。

飲食店、病院などでよく見かける観葉植物のサンスベリア。虎の尾とも呼ばれる。空気を浄化すると言われ、15年ぐらい前にネット通販で購入。Wikiによると、空気浄化効果は薄いと記載。株が増えていくが植え替えもせずに、枯れた株のみ取り除き、適度に水遣り。7月下旬に蕾を発見。そして昨晩開花。百合やリリーを細くしたような花。甘い香りがする。花言葉は永久、不滅。月下美人の花が多数咲き、珍しい観葉植物の花などに、暗くなりがちなニュースが多い中、植物のパワーに活力をもらい、ほっと一息。3357376F-68BC-49D4-8B6D-482454366795.jpg
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 09:32 | Comment(0) | 花暦 | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

月下美人が9輪開花

昨晩は月下美人が9輪開花。過去最多の開花。7月は強風、大雨、日照不足など過酷な状況だった。花は小ぶりだけど壮観。


9211B079-B829-4572-B4D3-5667582FD251.jpg



web拍手 by FC2
posted by 美結 at 16:10 | Comment(0) | 花暦 | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

マーガレット・アトウッド「オリクスとクレイク』を再読中、続編は『洪水の年』 − 9年前を振り返る

2011年1月にマーガレット・アトウッド『オリクスとクレイク』を図書館から借りて読んだ。ディストピア小説に圧倒された。2月中旬、体調不良で入院、末日に退院。自宅で少しずつ体力を回復するように生活。そんな矢先に東日本大震災、原発事故が起きた。あれから9年が経ち、新型コロナウイルスが世界中で広がり、アジアではバッタの大群が穀物を食べつくす。日本では、各地で河川が氾濫する水害が多発。関東では、7月に晴天は数日のみ。本に逃避できずにいたが、『オリクスとクレイク』を再読している。見事に内容を忘れていて、新鮮な気持ちで読んでいるが、身震いするような未来。この本は「マッドアダムスシリーズ」の第1作で、続編『洪水の年』が、数年前に翻訳されて出版。すぐに購入したが、『オリクスとクレイク』を忘れているので、読まずに積んだ。数か月前に『洪水の年』の紹介文でウイルスがと書かれていて驚いた。洪水なので、水害だと勝手に解釈していた。今読むべき本か悩んだが、向き合おう。今日の新型コロナウイルスの国内の一日の感染者は1,000人を超えた。



オリクスとクレイク - マーガレット・アトウッド, Margaret Atwood, 畔柳 和代
オリクスとクレイク - マーガレット・アトウッド, Margaret Atwood, 畔柳 和代

洪水の年(上) - マーガレット・アトウッド, 佐藤 アヤ子
洪水の年(上) - マーガレット・アトウッド, 佐藤 アヤ子
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 22:05 | Comment(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

大貫妙子と坂本龍一の楽曲「a life」が、7月9日(木)よりNetflixで配信されるオリジナルアニメ『日本沈没2020』の主題歌に決定

大貫妙子と坂本龍一の楽曲「a life」が、7月9日(木)よりNetflixで配信されるオリジナルアニメ「日本沈没2020」の主題歌に決定した。
「a life」は東日本大震災発生後に、J-WAVEに多数リクエストがあった曲。


・大貫妙子と坂本龍一のコラボ曲、湯浅政明監督のNetflixアニメ「日本沈没2020」主題歌に
https://natalie.mu/music/news/384693






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 17:16 | Comment(0) | 音楽・坂本龍一 | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

雨、雨、雨

子どもの頃、『雨に唄えば』を映画音楽と知らずに、このメロディ好きと思った。高校生の時に、映画を観て雨の中で楽しそうにダンスするシーンに微笑んだ。しかし、現在は九州、東海地方は大雨、土砂崩れに注意して下さいと呼びかけている。ずっと強風が吹き、ほぼ引きこもっている。コロナと大雨で、気分は少し滅入りがち。お日さまが恋しい。週間天気予報を見ても、太陽のマークはない。93年の大冷夏で雨続きだったことを彷彿する。その年は、お米は大凶作で翌春にはタイ米を緊急輸入した。今は備蓄米があるから、直ぐに食糧が無くなることはない。アフリカではバッタが大発生の農作物を食い尽くし、今後、世界各地で洪水、干ばつが起きたら食糧難になる。自給率の低い日本は大丈夫なのだろうか。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 22:41 | Comment(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする