2016年02月15日

『東京アートミーティングY "TOKYO"−見えない都市を見せる展』-YMO+宮沢章夫『−文化事象としてのYMOー』

先週、東京都現代美術館で開催の『東京アートミーティングY "TOKYO"−見えない都市を見せる展』を観に行った。
目当てはYMO+宮沢章夫『−文化事象としてのYMOー』のYMOの衣装やフィギュア、ライブ映像などを展示。
展示物は一部撮影可能だった。
写真はクリックすると大きくなります。

YMOの増殖人形。

YMOの増殖人形。
正面からも撮影したがブレていた。
そんなに緊張していたのかしら。

YMO『テクノデリック』の坂本龍一の衣装。

アルバム『テクノデリック』の坂本龍一の衣装。
幸宏さんや細野さんの着用の衣装も展示していた。
幸宏さんは細いイメージがあったが、マネキンが着た衣装を見る限り、思っていたより細みではなかった。
80年代は男女共に肩パッドが厚かったので真偽は怪しい。


YMOのレコードコレクション。初回盤カラーレコード所有。

『Solid State Survivor』の初回盤のカラーレコード。
わたしが購入したのは通常盤で、夫が初回盤を持っていて、夫婦間で売買が成立。
夫はカラーレコードを購入した日のことをよく覚えていて、まさか教授の熱狂的なファンと結婚するとは思っていなかったと話す。
うーん少し恥ずかしい。


YMOの80年のライブCD。所有していない。

80年のワールドツアーのCDは、初めて見ました。
2000年前後に、色んなライブCDが発売されたと伝え聞きますが、その1枚なのかしら。


81年のYMO百科展は行った。

81年3月に池袋西武で開催した『YMO百科展』は観に行きました。
YMOの鼎談が企画され、生の三人のお姿を初めて見ました。
観に来ていた方々は、中学生や小学生の男子、女子高生。
この世代も今はアラフォーより上だわ。


YMOのポスター。

YMOの「FUJI カセットテープ」のポスター。
会場では「FUJI カセットテープ」のCMのフルバージョンが流れていた。
初めて見るので、食い入るように見たのは言うに及ばす。
煙草を吸う教授がセクシーでした。

また、ウィンターライブのダイジェストも暗い小部屋で上映。
教授が『体操』で拡声器を持って叫ぶ姿にドキドキ。
外は寒かったけど、血が巡り熱くなっていた。
80年にYMOをリアルタイムで体験し、36年経っても好きということは不動。
YMOは散開以前のライブは体験したことがなく、再生ライブが初めて。
2007年から活動が再開した時は、半信半疑だった。
ブログに記録してても、微熱おばさん状態でやや恥ずかしいぞ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2
posted by 美結 at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展・展覧会・アート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック