2019年06月25日

健康にために、痛くなくて歩きやすい靴を探す − 「kutoo」って知ってますか?

久しぶりの更新。
ブログでも度々書いている靴について。甲が薄くて幅が狭いので、高校生ぐらいから靴の選択肢がなかった。五、六年前から足のサイズがあう靴が見つからず、3年前からブログに記録。

・【追記と修正版】足が甲薄幅狭の悩みと、健康と運動について (2018年12月05日)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/463071806.html

・靴と足と健康について (2017年05月19日)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/450024865.html

・足が幅狭甲薄のため皮膚科通い、足にフィットする靴が欲しい (2016年10月19日)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/442940219.html

・サイズがあわない悩み 靴編 (2016年08月20日)
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/441196718.html

昨年、細い幅の靴を取り扱っている靴店が見つけて、数足購入して一番履いているのはB幅のスニーカー。足の長さは、その靴店に行くまで22センチだと思っていたが、計測の結果は23センチ。何人ものシューフィッターさんが、機械や定規で測っても22センチと言われていたので驚いた。足幅が極端に細いので、通常幅でも入ってしまい、足の指は滑らないように踏ん張り曲がっていた。足に合った靴を履いて一年。曲がっていた指が真っ直ぐになり、指が長いことを実感。手の指も長いと自覚があったのが、やはり手の平が小さいので、細くて小さな手を言われることは数知れず。手は指の太さや長さを、家族や友人と比較することはあるが、足は大きさぐらいはあったが、指の長さはなかった。革靴だと足幅がA未満なので、一般的でもないが、靴を履かないわけには行かないし、外出すれば、坂道を登り下り、地下鉄の乗り換えでは地下通路の階段を使って移動。電車で必ず座れるわけではないので、30分立っていることもある。身体を支えているのは、足なので靴を選び時は機能性重視になってきた。勿論、疲れない靴と言われても足のサイズに合わなければ、意味がない。
そして、ネットから発信された「#kutoo運動]。発端は、以下の署名から。

・#KuToo 職場でのヒール・パンプスの強制をなくしたい!
https://www.change.org/p/%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%9C%81-kutoo-%E8%81%B7%E5%A0%B4%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%BC%B7%E5%88%B6%E3%82%92%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84

ネットニュースやテレビや新聞でも取り上げらるようになった。

・#KuTooに見る日本社会での女性の「生きにくさ」
https://globe.asahi.com/article/12452690

・接客靴、企業の規定は パンプス義務、ヒール高さ・幅指定も #KuToo(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/DA3S14056568.html

・水ぶくれの足で営業1万歩 ヒール規定、各社に直撃取材 (朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASM6D53FCM6DULFA01T.html

・「健康被害を覚悟で履くもの」 パンプス問題 経験者ら院内集会で証言 (毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20190611/k00/00m/040/244000c

・パンプス強制、悩む企業  「#KuToo」広がる中、ヒール規定維持 スニーカー容認も (東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201906/CK2019061502000273.html

・「パンプスの強制やめて!」女性たちが声上げた 「#KuToo」運動で現状は変わるのか
https://www.j-cast.com/tv/2019/06/24360761.html?p=all


学生時代に、デパ地下で販売の仕事を2週間だけしたことがある。黒の革靴と指定されたので、ローヒールで初めての立ち仕事。この頃から、足に靴が合っていないので、足全体が痛くなっていた。帰りの電車で吊革にしな垂れていたら、50代のサラリーマンから「君、具合悪いだろ。座りなさい」と席を譲れらた。立ち仕事で疲れていると言えず、有り難く座った。その時、就職は立ち仕事でない、内勤にしようと決意した。就職、転職、移籍の職歴で、制服のある職場では、靴はバックル付きのサンダルで履き換えて、事務の仕事をしていた。通勤にはパンプスを履いていたが、休みの日の外出は、ローヒールやスニーカーが多かった。
この数年、外出した時に女性の靴を観察。大雨が降った日は、レインシューズを履いてる方が少しずつ増えている。シニア世代はスニーカーやマジックテープで甲を支えるタイプなどコンフォートシューズなどローヒールが殆ど。20代以上の女性は、ローヒールやレースアップシューズ、スニーカーが多く、就職活動中の女子大生は黒のパンプス。エレガントな洋服を売っているお店の販売員さんはパンプスが多い。全体的に、歩きやすい靴を選び傾向が強くなっている。性別、年齢に関係なく、足の長さや幅、踵の大きさ、指の長さや特性などを反映してサイズ展開が豊富で歩きやすい靴を製造、販売のきっかけに「Kutoo運動」はなればいいなと思う。靴はファッションではなく、機能が最優先されるものだと考えている。
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 17:32 | Comment(0) | 感覚戯話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。