2017年07月24日

『誰がアパレルを殺すのか』を読了-衣服なのか、ファッションなのか?

誰がアパレルを殺すのか
誰がアパレルを殺すのか
  • 発売元: 日経BP社


染原睦美、杉原淳一『誰がアパレルを殺すのか』を読んだ。本の感想をいうより衣料品の疑問を綴ってます。
洋服を試着してもサイズが合わない、色の展開が少ない、スカート丈が短い、夏に化繊は暑いなど、どうしても欲しいというものが少ない。合ったとしても予算オーバー。ストレス発散で勢いで買った洋服は袖を通す機会が少なく、自治体の衣類のリサイクルに出すことが多い。デパート、ファッションビルなどでは似たようなデザインの洋服が並び、購買意欲がわかない。170センチの痩せ過ぎ(BMIが16.5以下)のマネキンが着て似合う洋服を、一般人が着こなすのは無理。洋裁の原型のトルソーは今は痩せ型。背が平均より低く、どちらかといえばふくよか、だけど腕や脚が長いわたしはサイズが合わない洋服多数。ガッキーみたいな体型ではないよ、羨望のまなざし。ちょっと対象年齢が上のメーカーだと七分袖が五分袖、長袖では丈が足りない。スカート丈も膝丈が主流で、わたしの年齢では膝を出すのは辛いし、座った時にだらしなく見える。この本ではサイズ展開についての言及はない。洋服のサイズは大切でしょなんで?紡績を捨て、売れたものを大量生産したら、サイズが平均ではなければ、平均から外れたら見つけるのは困難。衣類にマチなどゆとりがないので、直すことができない。体型といっても骨格を変えるのは無理。どう読んでも努力しなかった斜陽産業に思えてくる。しかし衣類を着ない人もいないのになぜかな。ホームウェア、外出着、レジャーウェア、フォーマルウェアなど用途別で洋服を買っている。着心地がよく、トップスは腕の上げ下ろしが楽で着丈がずり上がらない、ボトムは座ってもつったり圧迫しないものを選んでいる。後ろ姿は「ハム」にならないように気をつけている。ここまでさらけだしてもいいのかな。普通に生活していて直立不動ということは滅多にない。そして素材はポリウレタンが入っているものが多く、伸縮性が優れているメリットがあるけど、二年経過していると劣化し始めるデメリット。カットソーやTシャツだと型崩れが酷く、二、三年後には燃えるゴミとして処分。この五年ぐらいに多発して学習した。下着にも微量だけど入っていて、自然素材の綿100%を探しても意外に少ない。わたしがなんでこだわってしまうのかは、着倒れた亡母の影響があると思う。母は小柄だけどオシャレでセンスもよく色の趣味も似ていた。独身の頃は自分の衣類は縫った世代で、子どもの頃は夏にワンピースを縫ってもらっていた。母が存命なら洋裁を習いたかった。家庭科の中で洋裁は一番苦手だったので、凄く高い壁を見つめている。数日後には新しいローガンキョーができるので、手元の作業も楽になるかしら。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・共著 | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

『メッセージ&フォトブック No Nukes ヒロシマ ナガサキ フクシマ』を読んで-坂本龍一、吉永小百合ほかが寄稿

本日発売『No Nukes ヒロシマ ナガサキ フクシマ』を購入。坂本龍一さんが「非戦と非核」を寄稿。


*PCでご覧の方は、写真をクリックすると画像が大きくなります。

『メッセージ&フォトブック No Nukes ヒロシマ ナガサキ フクシマ』を写真を見ながら、それぞれのメッセージを読んだ。
広島大学、長崎大学、福島大学の学生と共同編集で、メッセージと写真で構成。
「No Nukes」のタグがブックマークになっている。
帯にもコメントを寄せている坂本龍一さんや吉永小百合さんのメッセージ。
広島や長崎、福島で核の脅威への体験や思いは、鼻の奥がツーンとしたり、胸が痛くなり、まだまだ知らないことが多いと感じた。
感想は十人十色だと思うので、興味がある方は手にとって読んで欲しい。

メッセージ&フォトブック No Nukes ヒロシマ ナガサキ フクシマメッセージ&フォトブック No Nukes ヒロシマ ナガサキ フクシマ
『No Nukes ヒロシマ ナガサキ フクシマ』編集部

講談社 2015-04-16
売り上げランキング : 374

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・共著 | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

坂本龍一、鈴木邦男『愛国者の憂鬱』を読んで

愛国者の憂鬱愛国者の憂鬱
坂本 龍一 鈴木 邦男 長嶋 りかこ(ブックデザイン)

金曜日 2014-01-29
売り上げランキング : 39291

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


坂本龍一、鈴木邦男『愛国者の憂鬱』
坂本龍一氏のお父様、一亀氏が編集の担当した三島由紀夫や高橋和巳の話題から、坂本氏とも親交があった中上健次と、戦後文学を支えた作家の名前があがり文芸対談のよう。さらに映画の話題と村上龍氏がいない『Ev Cafe』のような感覚。(敬称にはついては文中の方はなしにします。多分)
坂本氏が出演した『ラストエンペラー』での撮影秘話。演じた甘粕正彦がいた満州映画協会でのスタジオで、急遽依頼された音楽の録音など、思いがけない邂逅の話は初めて聞いた気がする。そのほかにもエピソードが多数紹介。吉永小百合さまからのお話は…ダメなんでしょうか?
坂本氏が音楽を担当した大河ドラマ『八重の桜』から派生した話では、都知事選候補で出馬した元細川護熙首相の名前も挙がっている。細川氏と言えば、今日は以下のニュースが飛び込んできた。

・小泉氏と細川氏、脱原発で再びタッグ 社団法人設立へ(朝日デジタル)2014年4月15日
http://www.asahi.com/articles/ASG4G5G15G4GUTFK00G.html?iref=comtop_6_01

音楽、脱原発、政治、宗教、日本の未来など多方面に展開。わからないことは本の下の注釈を読みながら情報を補完。この本を三島由紀夫の本を読みたくなる。未読も多く、昨年の憂国忌に『豊穣の海』の文庫を全巻揃えた。右翼の方ってどうなんだろう、と思ったが、意外に良識があることが分かった。
わたしが坂本龍一氏のファンで坂本名義の本をできるだけ読んでいるが、「そうなんですか」と頷いている場面が沢山あったのが印象的だった。
素直に面白く読んだ。

尚、一亀氏の仕事の軌跡については田邊園子『伝説の編集者 坂本一亀とその時代』をお勧めしたい。
感想は
・戦後の文学史 田邊園子『伝説の編集者 坂本一亀とその時代』
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/130618640.html

拍手、クリックして頂けると更新の励みになります。
blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・共著 | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

平和への願い-吉永小百合編・男鹿和雄画『第二楽章―ヒロシマの風 』

第二楽章―ヒロシマの風 角川文庫第二楽章―ヒロシマの風 角川文庫
男鹿 和雄 吉永 小百合

角川書店 2000-03
売り上げランキング : 84105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


吉永小百合編・男鹿和雄画『第二楽章―ヒロシマの風 』
吉永小百合さんがライフワークとして取り組んでいる原爆詩の朗読をCD化。CDに収められた詩を再編集して書籍化。『となりのトトロ』の美術監督の男鹿和雄が挿絵を担当。

この本を読んだのは8月6日。広島に原爆投下から68年。今日は長崎に原爆投下から68年。
吉永さんの朗読は2010年8月16日にBS2で放送『吉永小百合 平和への絆コンサート』で聴いた。読んでいると詩が吉永さんの声で脳内で再生され、核兵器の恐ろしさがひしひしと伝わってくる。
多くの人に読んで欲しい一冊。
そして核兵器のない世界を強く望みます。

第二楽章第二楽章
村治佳織 吉永小百合

ビクターエンタテインメント 2008-10-15
売り上げランキング : 74031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第二楽章/長崎から第二楽章/長崎から
朗読 吉永小百合

ビクターエンタテインメント 2008-10-15
売り上げランキング : 108190

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・共著 | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

累計100万部のベストセラー『日本国憲法』を読む

日本国憲法 (小学館アーカイヴス)日本国憲法 (小学館アーカイヴス)
小学館

小学館 2013-06-20
売り上げランキング : 282

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


累計100万部のベストセラー『日本国憲法』を読んだ。
通しで読むのは初めてのような気がする。
大きな文字にルビ。
さらに用語解説など読みやすい。
改めて読むと、素晴らしい。
書店や本屋以外にセブンイレブンでも取り扱っている。


読み終えた直後にスタジオジブリ『熱風』7月号特集「憲法改正」緊急PDF配信を知る。
・ジブリの小冊子『熱風』憲法改正特集が急きょ無料配信、執筆陣に宮崎駿や高畑勲ら
http://www.cinra.net/news/2013/07/18/180224.php

いとうせいこうさんのツイートがよかったのでリンク。







blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・共著 | 更新情報をチェックする