2020年06月17日

2019年4月、5月、6月に読んだ本

2020年ですが、2019年4月、5月、6月に読んだ本です。
お勧めは川瀬七緒『テーラー伊三郎』、古市一絵『きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび 』と、中島京子『夢見る帝国図書館』。


■図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫) 高田大介
著者は言語学者で、本書でメフィスト賞受賞。原稿用紙3,000枚に身構えてしまう。キリヒトとマツリカの邂逅は、第1回メフィスト賞受賞の『すべてがFになる』で、西之園萌絵と真賀田四季との初対面を彷彿させ、マツリカの言語解析能力に圧倒された。素馨は華道の花材で使っていて、気になって調べたらジャスミンで漢字では茉莉花(マツリカ)だった。マツリカとキリヒトとの今後がとても気になる。

■鳥の王さま ---ショーン・タンのスケッチブック ショーン・タン
最初に好きな画家のパウル・クレーの言葉が引用されている。ショーン・タンが作品を発表する前の数々のスケッチ。見覚えのある絵もあるが、絵それぞれが語りかけてきて物語が創作できそう。

■アライバル ショーン・タン
文字のない絵本。移動、伝達、思い出、辛い記憶まではわかったが、ラストが繋がらない。想像力が足りないようだ。

■テーラー伊三郎 川瀬七緒
男子高校生の海色は母子家庭で、母は官能系漫画家。母のアシスタントをした経験が、寂れた町で職人が作ったコルセットに魅了される。著者は服飾の専門学校を卒業後にアパレル経験者。登場人物が個性が強い方ばかりで、アニメか漫画で読みたいぐらいに、脳内で再現できない素敵な描写が多数。自分らしさって大切だなあと面白く読んだ。今年は彩瀬まる『珠玉』、千早茜『クローゼット』など衣服をテーマの本を読むことが多い。

■きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび (単行本) 古内一絵
マカン・マラン第三弾。派遣でオペーレター業務をしている女性は疲弊していた。ストレスの吐け口はネット。ネガティブな感情がわたしには全くないと否定できない。そしてシャールさんと出会う。そのレシピを思わず検索。料理人として才能を開花されるであろうと言われた青年は行き詰まっていた。この章で始めて知った習慣。離婚を決意した女性とシャールさんとの出会い。ご近所さんの老婆のシャールさんの生き方。体調不良だと料理は手抜きになりがちになるけど、「食べることは生きること」が信条なので、できる限り手作り。出汁も煮干しや鰹節、だしパックを使用。化学調味料を使わないようにしようと思ったのは、昔、大病を患い、苦しい治療を終えてから暫く経ってから。偏食では、なかったが、身体に必要なのものが不足していた自覚がある。ちょっと苦い話もあるが元気が出てくる小説。

■トリニティ 窪美澄
出版社で知り合ったイラストレーターの早川朔(妙子)、フリーライターの登紀子、事務職の鈴子の半生。性描写が多い著者にしては淡々としている。ウーマンリブ、男女雇用機会均等法を経た現在でも「me too 運動」があって女性の幸せ、平等はどういうことなのかなと思うことはある。時代を象徴する出来事、固有名詞が出てくるが、シニア世代や若い世代が、その潮流を理解できるか懐疑的。またモデルに習ったイラストレーターさん編集の雑誌を定期購読していたので、あくまでフィクションなんだあと思った。昭和の頃、紙おむつ販売前は、赤ちゃん用の肌着はおしめと言って、おむつは防水仕様のものを指していたと記憶。悪くはないが、些細な事が気になった読書だった。

■永遠の森 博物館惑星 (ハヤカワ文庫JA) 菅浩江
続編『不見の月』が出版なので再読。何を美しいと感じるかは個人差があるが、絵画や舞台、音楽で言葉で言い表すことができない感動や感銘を受けた時、多幸感に充たされる。デジタル化が進み、出来事が瞬時伝わる21世紀。それでも、デジタルでは伝えきれない五感で感じる美があると思う。

■夢見る帝国図書館 中島京子
歴史小説、ある女性の生涯、図書館の物語など幾つものお話が詰まった作品。舞台の谷中は祖父母のお墓参りに行くので、街並みがわかり親近感があった。面白くてあっという間に読み終わり、ラストが見事で余韻に浸った。


図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)
図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)

鳥の王さま ---ショーン・タンのスケッチブック
鳥の王さま ---ショーン・タンのスケッチブック

アライバル
アライバル

テーラー伊三郎
テーラー伊三郎

きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび (単行本)
きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび (単行本)

トリニティ
トリニティ

永遠の森  博物館惑星 (ハヤカワ文庫JA)
永遠の森 博物館惑星 (ハヤカワ文庫JA)

夢見る帝国図書館
夢見る帝国図書館


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 16:35 | Comment(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

2019年1月、2月と3月に読んだ本です。

2019年1月に記載忘れと、2月と3月に読んだ本です。
読んだ本は、どれも良くてお勧めです。秋に新潮文庫から4冊で発売が決まった「十二国記」の続編。出版前にシリーズ全巻再読したい。

・ののはな通信 三浦しをん
読み出したら、先が気になり1日で読了。女子校時代のクラスメイトとの往復書簡、時代ともにメールに変わる女の深い絆の物語。ネタバレなしで読みたかったので、しをんさんの本書に関するインタビューは読み終わってから読んだ。

・一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書) 樹木希林
樹木希林さんの若い頃のドラマは見てなくて、フジカラーやピップエレキバンのCMの印象が強かった。晩年のインタビューから抜粋した言葉は、筋がぴしっと通っていて気持ちがいい。『万引き家族』の老婆役も印象深かった。何度も読み返す本になるだろう。家族写真が素敵。義理の息子は『おくりびと』の演じた本木雅弘さん。合掌。

・もものかんづめ (集英社文庫) さくらももこ
どの著書で読んだか覚えていないが、漫画家デビューエピソードは洞察力がずば抜けていいこと、それを生かしたのが『ちびまる子ちゃん』。ベストセラーエッセイの本書でも、その才能を発揮。クスクスと笑いながら面白く読んだ。あまりに早く天国に行ってしまったさくらももこさんに合掌。

・東の海神 西の滄海 十二国記 (講談社文庫) 小野不由美
アニメの再放送を見ながら、原作を読んだのが2005年1月。あれから14年が経ち、国や平和、治世などに考えることが増えた。民を思う王、長がいるから平和な国。以下引用。「誰も飢えないですむ豊かな国。凍えることも夜露に濡れることはない家、民の誰も安穏として、飢える心配もない、安らかに土地がほしい。ー 俺はがずっとそれがほしかった。親が子どもを捨てたりしないでも生きていける豊かな国…」。

・ひと 小野寺史宜
本屋大賞候補。20歳で両親を亡くした聖輔。最初は辛い感じがしたが、だんだん東京での生活を応援していた。都電荒川線沿線で育ったので、都内在住でも乗ったことない人が多いローカル線の登場は嬉しい。現在は、さくらトラムと馴染めない名前がついている。優しさを忘れちゃいけないし、前向きに生きていこうと思えて予想外によかった。



ののはな通信
ののはな通信


一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)
一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)

もものかんづめ (集英社文庫)
もものかんづめ (集英社文庫)


東の海神(わだつみ)  西の滄海 十二国記 3 (新潮文庫)
東の海神(わだつみ) 西の滄海 十二国記 3 (新潮文庫)

ひと
ひと
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 12:40 | Comment(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

2019年1月に読んだ本

2019年1月に読んだ本です。
新年早々、右手の指を包丁で切り縫合。家事はできないので本を読んでました。
『珠玉』『女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび』『みかづき』がよかった。そして、多くの人に読んでほしいのは『82年生まれ、キム・ジヨン』。

■アズミ・ハルコは行方不明 山内マリコ
地方特有のコミュニティ文化があるらしい。軽いノリで読みやすいが、ラストシーンがわからない。映画を観たほうが理解できるのかしら。

■珠玉 彩瀬まる
亡き祖母は元アイドルスターで、デザイナーの歩は祖母と容姿が似てなくて色々なことを迷っていた。彼女を見守るキシとかりんが可愛いらしかった。思わず感涙。歩のデザインした洋服を着たくなった。本物と偽物、真実と偽りが交錯しながら、自分らしさを後押してくれる作品でよかった。

■ここは退屈迎えに来て 山内マリコ
デビュー作。東京生まれの東京育ちなので、地方に住む若者の東京への憧れは、本や体験で知るしかない。東京在住だからといって全てが光輝いた人生を歩んでるわけではない。それはあくまで東京への幻想。登場する女の子のそれぞれ心情はリアリティがあって、青春小説ではなく群像劇で面白かった。みんなの憧れの椎名くんのような存在は同窓生に数人いた。

■女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび 古内一絵
マカン・マランシリーズ第二弾。お店には、派遣社員の女性、人生を模索する漫画家、猪突猛進の息子がいる主婦、シャールさんの旧友が訪れる。温かい食事が心を解きほぐす。読書中に指を怪我して料理をお休みしていて、マカン・マランが近くにはあったらいいなあと思った。次作も是非読みたい。

■部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術 松尾たいこ
料理は苦手なので、ダンナさまの評論家でジャーナリストの佐々木俊尚さんに一任と、無理をしない姿勢が一貫している。物を処分したきっかけは3.11での引越し。もやもやしないために、頑張らずに心地よい生活を心がける。スッキリした部屋が紹介していて、イラストレーターらしくカラフルな色の洋服のクローゼットが素敵だった。多数の洋服を処分する前の姿も見てみたかった。

■クローゼット 千早茜
『小説新潮』の連載「硝子のコルセット」を改題。纏子(まきこ)が変換できずに調べたら、「纏う (まとう)」や「纏足」で、この本のサブテーマであり、職業を指す名前だった。最初、男で服飾に興味を持つ芳が主人公だと思っていたら、途中で書き手が変わり、一瞬戸惑った。洋服の変遷や性別によって洋服の在り方などの着眼点が良かっただけに、人物についてもっと書き込んで欲しかった。洋服の博物館は来館したみたい。あのコレクションが所蔵しているのかしら。

■82年生まれ、キム・ジヨン  チョ・ナムジュ
韓国で100万部のベストセラー。女性へ偏見や差別は、半世紀生きて子どもがいなくても、幾つかは思い当たることがある。医学部の入試で女性が不利だったニュースが記憶に新しい現在、日本のことのように思える。多くの人に読んで欲しい一冊。

■よるのふくらみ (新潮文庫) 窪美澄
読んでいてヒリヒリする。欲望と理性の凌ぎ合い。人間らしいといえば人間らしい。

■みかづき 森絵都
昭和から平成にかけて、教育に携わった親子三代の物語。NHKでドラマが放送中で、第1回目放送前から読み出して、2回目放送前に読了。もう少し教育指導変遷についての記述が欲しかった。この数年、近所には塾が増えて、個別指導、学習室無料開放など時代の流れを感じていた。千明、吾郎とその子や孫が目指す教育の形。終盤は涙を拭いながら読んだ。今の子どもたちは週休2日で授業時間が減っても、パソコンや歴史、科学の発見など学ぶことが増えている。教育現場は学校も塾も大変な時代と思った。東京都の「ゆとり教育」のモデル地区やモデル校に在校していたようで、小学校高学年の時に「ゆとりの時間」で好きなことをしたり、80年代、中学校では芸術科目を少人数で実施。家庭科を選択したら、ろうけつ染めを実習。家庭科の教諭は「このぐらいの人数で教えたいが沢山ある」と話していた。義務教育を受けていた頃は「ゆとり教育」は、視野を広げることと教わった。小学校、中学校在校時には、千明や吾郎と同世代の教諭が強弁を取っていた。小学校で夏休みに宿題がなかった。唯一、自由研究を提出のみ。校長先生が戦中、戦後を経験したから学校以外にも学ぶことがあると思っていたかしら。

アズミ・ハルコは行方不明 (幻冬舎文庫)
アズミ・ハルコは行方不明 (幻冬舎文庫)

珠玉
珠玉

ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)
ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)

女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび
女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび

部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術
部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術

クローゼット
クローゼット

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)
82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

よるのふくらみ (新潮文庫)
よるのふくらみ (新潮文庫)

みかづき (集英社文庫)
みかづき (集英社文庫)


★ ★ クリックして頂けると更新の励みになります ★ ★

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 16:10 | Comment(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

2018年11月から12月に読んだ本

2018年11月から12月に読んだ本です。お勧めは『マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ』『ざっそうの名前』。

■茶色の朝 フランク パヴロフ、ヴィンセント ギャロ
全てが茶色になる世界。犬、猫は茶色のみ。見た目による偏見のネットニュースが多い現代に読むと辛辣なる絵本。数日前にディオールがカラーバリエーション豊富なファンデーションを春に発表していたことを知る。カラーバリエーションについては、外資の化粧品カウンターで「アジア向けですか?全世界共通ですか?」と尋ねたことがある。人間を始め生き物、植物、空や海などの自然は多彩な世界と実感することが近年増えた。

■太陽の涙 (Coffee Books) 赤坂真理
出版した時に気になっていたCoffee Booksシリーズ。コンセプトは大人の絵本。3.11以降に読むと、神話のような物語は川上弘美『大きな鳥にさらわれないよう』に似ている。核融合炉の場面があるだけに2011年以前に出版していたのに驚いた。大島梢さんの装画が緻密で幻惑的で素敵。ほかのCoffee Booksシリーズは、星野智幸『水族』、原田マハ『おいしい水』、日和聡子『瓦経』、佐藤正午『幼なじみ』、坂東眞砂子『見知らぬ町』。

■マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ 古内一絵
深夜のみ開店するマカン・マランのシャールさんの手料理は、心身ともに活力が出てきそう。我が家の近所にマカン・マランがあったらいいなあ。ドラァグクイーンという言葉を初めて知りました。改行とルビが多いのが少し気になったけど、続編も是非読みたい。

■モダンタイムス(上) (講談社文庫) 伊坂幸太郎
『魔王』の続編だけど、うっすらとしか覚えていない。2018年は防犯カメラやスマホの写真などが逮捕の決め手になったが、この本は憲法改正後の未来。不思議な感じ。下巻で停滞中。

■ざっそうの名前 (福音館の科学シリーズ) 長尾玲子
おじいちゃんと雑草の名前を知る少年。雑草は刺繍で表現。少女の頃に、植物図鑑で野草を調べたことを思い出し、アカマンマを集めておままごとやシロツメクサで首飾りを作ったりした。懐かしさと優しさに溢れた絵本。

■1日3分 心を休める方法 矢尾こと葉
カフェの本棚で何気なくとった本。今年を振り返ると、この本に書いてあることがいくつもあって、シンクロニシティの連続。この数日、よく聞く言葉もあった。当たり前といえば、当たり前のことも多いが、しっくりした。


茶色の朝
茶色の朝
  • 発売元: 大月書店


太陽の涙 (Coffee Books)
太陽の涙 (Coffee Books)
  • 発売元: 岩波書店








1日3分 心を休める方法
1日3分 心を休める方法
  • 発売元: 中経出版




★ ★ クリックして頂けると更新の励みになります ★ ★

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 14:33 | Comment(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

2018年9月から10月に読んだ本

今年も残り1週間なので、読んだ本の記録を更新。2018年9月から10月に読んだ本です。お勧めは篠田節子『鏡の背面』、三浦しをん『愛なき世界』。

■鳩の撃退法 上 佐藤正午
偽札(にせさつ)と真札(しんさつ)の読み方を確認した。小説家が主人公のはずだが、後半アクロバットな技がでてきた。初めて読む作家さんなので下巻の展開は予想できない。

■カレル・チャペックの警告 カレル ・チャペック
チャペックは未来を見つめていた。

■鳴りに悩んだ音楽家がつくったCDブック 【付録CD:Music for Ringing by ワールドスタンダード】 鈴木惣一朗、坂本龍一
耳鳴りに悩む音楽家の鈴木さんと坂本龍一さんとの対談が掲載。教授は30年以上前に突発性難聴で入院。ライブでも耳栓をしていることもあって、聴力は人一倍気を使っていた。USTを見ると聴力に違和感があるのではと内心思っていたらやはりそうだった。音楽家ならではの分析、考察が面白い。耳鳴りも辛いし、加齢で聴力が落ちると生活が不便。祖父が補聴器を使い出したら快適だと話していたことを思い出した。

■クローゼットにはワンピースが10着あればいい 福田栄華
著者のスタイリストさんは身長154センチで平均身長より低く、手足も短いので洋服選びに苦労。しかし本書は著者がモデルさんではなく、160センチ 以上のモデルさんを起用。スカートとワンピースなどの重ね着を多数掲載。しかし、こんなにトップスやボトムがあれば、ワンピース10着もいらないと思う。着まわしアイテムに私物があって、市場には似たよう商品がないのかもと邪推。まったく着こなしの参考にならなかった。

■すべての男は消耗品である。 最終巻 村上龍
34年続いたエッセイの最終巻。途中読んでいない時期もある。心境の変化が伝わってくる内容だった。今年は芥川賞の選考委員も辞めた。お疲れ様でした。長編小説が読めるのはいつかしら。

■鏡の背面 篠田節子
先が気になり丸二日で読了。慈悲に溢れて献身的に寄り添い聖母のような女性が自助グループ施設で焼死。DNA鑑定で別人と判定され、その女性は悪女いや毒婦と思われる経歴を持つ人物だった。施設の女性が「先生」と慕った彼女は何者で、目的はなんだったのだろうか。角田光代または桐野夏生の作品と錯覚しそうな悲惨な過去を持つ女性が多数登場。中盤、背筋がゾクゾクするような出来事が起き、没頭していて読んでいたが頭を冷却。そして本の中に戻っていくとドキッとする描写。何処に連れて行かれるのかページをめくる手が止まらない。読み終わってから、篠田節子の本書に関するインタビューでは執筆のエピソードが書かれていた。誰しも多かれ少なかれやり直したいこと、リセットしたいことがある思わせる読後感だった。核心に触れずに感想を書くのは難しい。

■ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1) ビアトリクス・ポター
未読だと思ったが既視感があった。1990年に神戸旅行でピーターラビットがイメージキャラクターを務めていたカフェで読んだのかな。古今東西のキャラクターで好きなキャラクターのひとつがピーターラビット。

■愛なき世界 三浦しをん
装丁が美しくジャケ買い。植物を偏愛する物語といえば、カレル・チャペック『園芸家12ヶ月』。それ以上に偏愛する方々が多数登場。愛するが故に愛せないジレンマ。全編、愛に溢れた作品だった。実験場面でメンデルの法則を思い出す。また「食べることが生きること」が信条なので、料理の描写にゴクリと生唾を飲み込む。読み終わってから、空を見上げて大きく深呼吸をしたくなった。

鳩の撃退法 上
鳩の撃退法 上
  • 発売元: 小学館

カレル・チャペックの警告
カレル・チャペックの警告
  • 発売元: 青土社




鏡の背面
鏡の背面
  • 発売元: 集英社


愛なき世界 (単行本)
愛なき世界 (単行本)
  • 発売元: 中央公論新社



★ ★ クリックして頂けると更新の励みになります ★ ★

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ 現代音楽へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 15:25 | Comment(0) | 月次読了本 | 更新情報をチェックする