2016年07月07日

『帰ってきたヒトラー』を鑑賞-ヒトラーが現代にタイムスリップしたら…

『帰ってきたヒトラー』を鑑賞。

公式サイト
http://gaga.ne.jp/hitlerisback/

原作はドイツでベストセラーになり、映画も大ヒット。
レディースデーだったので平日の日中でも、客席は三分の二以上埋まっていた。
前半は大笑いしていたが、後半は笑えなくなっていた。
ヒトラーがもし現代のタイムスリップしたらどうなるのか?を描く。
ドキュメンタリーの手法で撮影したので、一般人も参加し、ヒトラーとスマホで撮影したり、インタビューでは本音が露呈。
虚構と現実が入り乱れ、メディアを使って民衆を扇動したヒトラーが浮き彫りになっていく。
スクリーンも観ながら、不思議な体験だった。
原作を読み終えたのがイギリスが国民投票でEU離脱が決定する直前で、今週末は参議院選挙を控えている。
2016年夏が歴史に残るようなことが起きているのは、偶然ではなく必然なのでは思った。
過去から学ぶことも沢山ある。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ:洋画 映画
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・洋画 | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

【追記版】『レヴェナント:蘇えりし者』を鑑賞-音楽は坂本龍一

『レヴェナント:蘇えりし者』を鑑賞。

公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/revenant/

以下、少しネタバレがあります。


人間は寒さ、痛さなどの苦痛に、こんなにも耐えるのかとスクリーンをじっと見つめる。
ディカプリオの甘いマスクは消えて、迫真の演技で「生きる」と訴えていた。
坂本龍一が音楽を担当。
復帰作で音楽を作曲した時は、ガンの治療を終えた回復期。
ガンと診断され死を意識した、と4月に開催したイベントのブックレットに書かれていた。
治療で嚥下に痛みが生じ苦しかったとも。
人生初の苦痛を経験した前後に、生死をテーマにした映画の音楽依頼と作曲。
映画『母と暮せば』と同時進行になり、気が狂いそうになったとインタビューで答えていた。
どちらも生と死がテーマ。
頭を切り換えるのも大変だったと思う。
北極で録音した音源を使用したソロアルバム『out of noise』から『glacier』が使われていた。
映画の為に書き下ろしたようにマッチしていた。
特別試写会に行った友人からは、目を背けたくなるシーンもあるから観る前に食事を済ませたほうがいいとアドバイスがあったので、ランチを食べてから映画鑑賞。
一番ショッキングなシーンは熊ではなく、寒さを凌ぐシーン。
スクリーンからディカプリオ演じるグラスが体感した五感が伝わってくる。
観終わったら、疲れと空腹が同時にやってきた。
映画を観ながら、音楽を担当した教授のことを考えていたし、サバイバルは想像を超えていた。
それらを咀嚼するのに頭を使ってたみたい。
自然光での撮影が『トゥモロー・ワールド』に似ていると思ったら、パンフレットで撮影スタッフがエマニュエル・ルベツキで同じ方と知った。
鉛色の空、針葉樹の深緑、河や湖の水面のブルーグレイ、ディカプリオの透き通った青い瞳が印象的だった。
ちょっと惨いシーンもあったが映画館で観てよかった。

追記)
◆関連記事
坂本龍一氏、映画音楽担当『レヴェナント:蘇えりし者』インタビューのまとめ
http://greenfieldsgreen.seesaa.net/article/437035942.html

映画を観てから、インタビューを読むと興味深く、感慨深い。
哲学的な要素を感じることもできた。

オリジナル・サウンドトラック盤「The Revenant(蘇えりし者)」オリジナル・サウンドトラック盤「The Revenant(蘇えりし者)」
坂本龍一、アルヴァ・ノト、ブライス・デスナー

commmons 2016-02-23
売り上げランキング : 3491

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・洋画 | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

『キャロル』鑑賞-惹きあうふたり

『キャロル』鑑賞。

キャロル 公式サイト
http://carol-movie.com/

原作は『太陽がいっぱい』のパトリシア・ハイスミスが別名義で発表したベストセラー小説。
テーマは同性愛。
時代は1950年代。
衣装のシルエットが綺麗で、現代のファッションとは違う。
キャロルが着用しているスーツは、豊かな胸、くびれたウエストと女性の曲線美を強調。
当時はオーダーメイドだったかもしれないけど、日本の既製服ではあまりないデザイン。
メリハリがあるスーツは、Iラインやボーイッシュな洋服が流行なので新鮮。
百貨店の販売員のテルーズは、キャロルと出会い、互いに惹かれあう。
キャロルは奔放かもしれないが、一目惚れの感情を抑えらなかった。
母としてはどうなの?と思うが、恋は落ちるものと思っているわたし。
テルーズを演じたルーニー・マーラは不思議な魅力を持っている。
この小説が発表された時は衝撃的だったと推測。
ふたりのドライブ旅行は夢のような時間だったはず。
映画は観ているとドライ・マティーニが飲みたくなってしまった。
マティーニとあの料理の組み合わせは美味しいのかな。
映画公開をきっかけに、昨年、原作が初翻訳。
原作には映画では描き切れなかった物語があるようなので、是非読みたい。

キャロル (河出文庫)キャロル (河出文庫)
パトリシア ハイスミス Patricia Highsmith

河出書房新社 2015-12-08
売り上げランキング : 1604

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ:映画 洋画 原作
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・洋画 | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

『アリスのままで』鑑賞-若年性アルツハイマーを罹患した研究者のいきかた

『アリスのままで』鑑賞。
原作はリサ・ジェノヴァ、古屋美登里訳『アリスのままで』。
旧題は『静かなアリス』。

アリスのままで 公式サイト
http://alice-movie.com/

50歳のアリスは大学で言語学の研究をし、医学博士の夫、三人の子どもに恵まれ、公私ともども充実した日々を送っていた。
公演会で言葉を忘れ、ジョギング中に居場所が分からなくなる。
病院で若年性アルツハイマーと診断。

意外にも物語は淡々と進んでいた。
アリスの病気への不安への表情、失敗、混乱した時に、温かく見守る夫の姿は描写がとてもよかった。
同じ題材の荻原浩『明日への記憶』を読んだが、その時は他人事を思っていた。
当時、親族に認知症患者がいなかったことも、身近な人にご家族が罹患した話を聞くこともなかった。
アリスが「癌だったよかったのに」というシーンでは「それは違う。癌や重い病気を患ったら、本人も家族も辛い」と心の中で呟いた。
母を癌で亡くし、わたしも大病を患い定期通院しているから。
家族ともアルツハイマー(認知症)については話す機会が増えた。
それはお互い、年を重ね全く無縁ではないと思えてきたからだろう。
わたしは映画を観て涙が滲むことはなかったが、介護などを経験した方は色んなことが脳裏を過るのかもしれない。
家族が病気になった時に、連携プレーって大切と思った。

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
タグ:映画 洋画
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・洋画 | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』を鑑賞-主人公はタイムトラベラー

『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』を鑑賞。

公式サイト
http://abouttime-movie.jp/

『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督の最新作。
ティムは21歳の誕生日に、父から一家の男たちには特殊能力、タイムトラベルができると告げらる。
恋人が欲しいティムは、失敗するごとに同じ時間に戻り、人生をやり直す。
最愛の人と出会い、結婚し家族となっていく。
恋愛ものと思って観ていたら、家族愛の物語で後半は涙が溢れていました。
人生の転機や岐路は何度かとなくあって、もしやり直せるなら思ったことはある。
同じタイムトラベルをテーマにしたケン・グリムウッド『リプレイ』を読んだ時も、人生は一度限りと思った。
『アバウト・タイム 』でも同じ感想だった。
生きていれば、辛いことや悲しいこともあり、少し後ろ向きな考えになってしまいがちな時は、この映画はほんの少し人生を後押ししてくれる。
人生は折り返しを過ぎ、後数年で半世紀。
わたしがしたいこと、できることを静かに考えたい。
この映画を紹介して下さった方に感謝。

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ:映画 洋画
web拍手 by FC2
posted by 美結 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・洋画 | 更新情報をチェックする